06/12/2017 13:37 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相:「インダストリー4.0は国の繁栄のためのチャンス」

5日、グエン・スアン・フック首相は、ハノイで開催中の「スマート・インダストリー・ワールド2017」に関する国際シンポジウムと見本市に出席しました。

「スマートアグリカルチャーの形成・開発」をテーマにしたこのシンポジウムで発言にたったフック首相は、「第4次産業革命は国の繁栄をもたらすチャンスであり、見逃すべきでない」と強調しました。

また、「政府は、IT情報技術と先進技術の導入・開発・応用に関する複数の政策をとっており、そのなかで、ITインフラ整備や、デジタル技術、スマート農業、スマート観光、スマートシティ開発などに関する16号指示がある」と明らかにしました。

さらに、フック首相は、「今後、政府は、デジタル経済とスマートインダストリー開発に力を入れ、これを経済再構築と成長モデルの刷新事業の中核的な任務と見なす」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「デジタル経済とスマートインダストリー開発のために、体制・政策・法律の完備を進めます。デジタル化戦略と国家データベース作成計画を立案します。行政改革や、電子政府の推進、公的サービス提供へのIT導入を強化します。デジタル経済のインフラ整備を促進し、中でも、ITインフラは中心的な役割を果たします。」

このように語ったフック首相は、「デジタル経済とスマートインダストリー開発、人口状況の黄金期のメリットの活用などのための人材育成や、国のトレードマークづくりとその知名度の向上に力を入れなければならない」と述べています。
ソース:VOV