12/07/2017 14:59 GMT+7 Email Print Like 0

フック首相、オランダ公式訪問を終える

フック首相は「ベトナムはあらゆる分野において、オランダとの関係強化を望んでいる」と述べました。
11日、オランダを訪問中のベトナムのグエン・スアン・フック首相はオランダと第一院議長、及び、第二院議長と会見を行いました。



会見で、フック首相は「ベトナムはあらゆる分野において、オランダとの関係強化を望んでいる」と述べると共に、「オランダ両院が気候変動対応、農業用水管理に関する戦略的パートナシップの合意書と持続可能な農業・食糧安全保障に関する戦略的パートナシップの合意書の実施の一環として、進められている協力プログラムを引き続き支持するよう」希望を表明しました。

また、オランダ両院が両国の貿易、投資の協力、ベトナムとEU=欧州連合とのFTA=自由貿易協定の締結の促進を支持し、オランダ・ベトナム友好議員グループの結成を検討するよう提案しました。一方、オランダ両院は「フック首相の今回のベトナム訪問は両国関係に重要な節目を印すものである」と強調した上で「オランダは水資源管理、気候変動対応、海面水位の上昇、堤防建設、造船、ロジスティクスサービスなどオランダの得意な分野に、ベトナムと経験を交換する用意がある」と明らかにしました。

これより前に、フック首相はロッテルダム市を訪れ、同市のアハメド・アブタレブ市長と会見を行いました。会見で、フック首相はアブタレブ市長に対し、ロッテルダム市の企業がベトナムに進出するため働きかけるよう提案すると共にベトナムでの海面水位上昇対策と塩害対策を支援するよう希望を表明しました。


同日午後、フック首相夫妻率いるベトナム政府代表団はアムステルダムを発ち、帰国の途に着き、オランダのマルク・ルッテ首相の招きに応じて、8日から始まったオランダ公式訪問を成功裏に終えました。
ソース:VOV