29/10/2021 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

フオン・タイン:ベトナムシルクを愛するデザイナー 

この数年、シルクロードを追求するデザイナーの一人、フオン・タインはベトナムのファッション業界に自分自身のファッションスタイルの足跡を残す道程において、ベトナムのシルク素材を新しいレベルに引き上げることに多くの熱意を注いできました。

デザイナーのフオン・タインは大学卒業直後の2005年からファッション業界に「関与」しています。当初、彼女は綿、リネンなど、カラフルな色の生地をたくさん使っていました。しかし、時間が経つにつれて、彼女は徐々により伝統的な素材を好むようになりました。蚕の織りと蚕の養殖を学ぶために北部から南部の村を旅行した後、フオン・タインは蚕が絹を生み出すという話を聞き、絹に情熱を抱くようになりました。しかし、同時にこれらの工芸村のシルク生産業が発展しない恐れがあり、ベトナムの伝統的な工芸村を守るために、デザイナーが新しいデザインを創り出すことを通して、自分自身の工夫と知恵で貢献することが正に私たちの仕事だとも感じました。

フオン・タインによると、シルクは天然繊維の中で最も高価な繊維です。それで、伝統文化に本当に興味を持ったのが出発点で、もし自分が取り組まなければ次の世代はこの伝統的な絹織りを知らないままになると思い、絹を使った自分自身のデザインを追求する道を歩み始めました。



ベトナム・シルクハウスはデザイナーのフオン・タインがバオ・ロク地域の織工と共に自らの創造性を解き放つ場所。


大学卒業後すぐにファッション業界に「関与」したデザイナーのフオン・タイン。


桑の栽培や蚕の世話について学ぶために北部から南部へと絹作りの村を訪れた後、カイコが絹を生み出し、
絹を織る話を通して、絹への愛を深めたフオン・タイン。



デザイナーのフオン・タインの製品に表現されたベトナムの村のイメージ。


シルクのアオザイ、ドレスの他、鮮やかで上品な模様のシルクスカーフ。


豪華さのレベルによるが、手作りの多くのディテールをコレクションのデザインに入れるには長い時間が必要。

近年、ベトナムのシルクを知り、購入している外国人が多くなったこと喜ぶデザイナーのフオン・タイン。


デザイナーのフオン・タインによるシルクスカーフ製品。


デザイナーのフオ・タインによるベトナムシルクのロータス模様。

ベトナムの絵画から着想を得たデザイナーのフオン・タインの製品。

フオン・タインは手作りのデザインのレベルと詳細によるが、コレクションの制作に通常3~5ヶ月かかります。コレクションのテーマの多くは自然や伝統的なベトナムの文化芸術からを取り入れられています。アイデアを思いついた後、コレクションに合うシルクの色を選び、そのデザインをします。ハノイの文廟で行われたプログラム「私たちのアオザイ」に参加した最新のコレクションでは、シャツにすべての色と形のチューリップを施しました。長い間使用されてきたオーガンザシルク素材に3Dテクスチャをスタイル化することにより、チューリップが層になり、それぞれ花びらがくっきりと見えます。オーガンザシルクと組み合わせたワイドスリーブのコレクションは、モデルがステージを横切って歩き回るとブラウスがはためき、観衆を魅了しました。
これまで、デザイナーのフオン・タインとベトナム・シルク・ハウスは5年間共に仕事をしてきました。ベトナム・シルク・ハウスは生糸の家のようなもので、ここではバオ・ロクの絹織人と一緒に創造性を発揮して、様々なシルク製品を研究しています。アオザイやシルクスカートのほか、デザイナーのフオン・タインのベトナムの村をモチーフにしたコウノトリやバニヤンツリー、埠頭の模様が入ったシルクスカーフも多くのベトナム人、特に外国人ゲストに人気があり、購入されています。
フオン・タインは「シルクのスカーフは手頃な価格と様々なバリエーションがあるので多くの人に選ばれています。しかし、とても幸せなのは、過去数年間にベトナムに旅行に来た多くの外国人がこの製品を選んで購入してくれたことです。シルクとベトナムの文化がこの贈り物を受け取った外国人にもっと知られるようになって欲しいと願っています」と語りました。



文廟(ハノイ)で開催されたファッションショー「私たちのアオザイ」でのデザイナーのフオン・タイン。








文廟(ハノイ)で行われたファッション・ショー「私たちのアオザイ」で、オーガンザシルクで作られたアオザイに様々な色と形
のチューリップを施したフオンタンの最新コレクション。

現在の新型コロナ感染症の流行状況における製品のデザインと販売について、デザイナーのフオン・タイン女史は今はすべてのビジネスが困難であり、ハイファッション経営も例外ではないと述べました。この期間中、フオン・タイン女史はブランドを維持し、長年一緒に仕事をしてきた手刺繍業者の生活を守るためにオンライン販売の推進を強化しました。さらに、シルクからいくつかの美容製品を開発することも学んだので、疫病の流行が過ぎ去った時、それは彼女のファッションブランドにより多くの発展の機会をもたらすでしょう。
文:ガン・ハー
写真:グエン・ルアン、NVCCの資料

他の記事