10/05/2021 09:03 GMT+7 Email Print Like 0

フエ王宮で行われたテトの木の建立式

フエの帝国生活では、テトの前、老人たちは「トゥオン・ティエウ」を祝っていました。「トゥオン・ティエウ」は、年が過ぎ、新年の日が来たことを知らせるために木を建てることを意味していました。
阮(グエン)朝の礼儀作法によると、世祖廟(テ・ト・ミエウでテトの木は、周りの人々がそれを建て始めることができるように建てられました。

世祖廟からは厳粛に行列が開かれ、10人の兵士が適切な衣装で提示され、行列チームはマイナーな音楽の音で王宮に入り、富祖廟に向かい、テトの木を立てる儀式を行います。「トゥオン・ティエウ」は国の伝統的な儀式であり、グエン王朝の新年の初めの重要な儀式でもあります。



印篆が入れてある箱箱にを木に吊るします。


世祖廟における儀礼



儀礼音楽チーム



五鳳樓を通過する



富祖廟における儀礼

 

城塞に建てられた木は、長さ15メートルの大きな竹の木で、警備員によってタイ・ホア宮殿からグエン王朝の王を崇拝する場所である世廟まで運ばれました。テトの木が建てられると、テト木の上テトの休暇中に裁判所が休むための封印のシンボルが吊るされる印、文房私宝が掛けられます。

旧暦の1月7日に、テトの木はテトの休日の終わりを示すために下げられ、仕事に戻ります。

世廟に加えて、テトの木を立てるはフエ古都遺跡区の中の他の多くの遺跡地点でも開催されますが、より単純な規模で、12月23日から30日まで新年に行われます。最近、フエの古都の遺跡を訪れる訪問者や人々は、厳粛な建設式典でこの伝統的な文化の美しさを紹介しました。



富祖廟におけるテトの木が建てられる時


富祖廟におけるテトの木が建てられる



富祖廟におけるテトの木が建てられる様子



二番目のテトの木の行列



 ロンアン殿で建てられるテトの木



テトの木を建てる式を行うフエ古都遺跡保存センターの指導者

 
文、撮影:チュン・ヴン

他の記事