30/04/2015 11:09 GMT+7 Email Print Like 0

フイン・フオン・ドン(Huynh Phuong Dong)画家の素描の絵

画家であるフイン・フオン・ドン氏は対フランス抗戦、対アメリカ抗戦で戦った。彼は多くの戦場に行ったので、歴史的なイベントについて描いた。彼の絵の枚数は2万枚に到達し、貴重な資料になる。
ヒュン・フオン・ドン画家には、ヒュン・コン・ニャンの別名があり、1925年に、ザーディン‐ホアビン地域(現在のホーチミン市に属する)で、生まれた。1945年に、彼はザーディン美術学校を卒業した後に、彼は対フランス抗戦(1945年~1954年)に出兵。1954年のディエン・ビエン・フー勝利後の1957年から1963年まで、ハノイ美術高等学校で勉強し、1957年に、ベトナム美術協会の会員になる。

学生の時、彼の多くの作品は、教師や友達に深い感動を与え、東欧諸国、キューバ、中国などの各国における多くの展覧会に陳列され、多くの専門家たちにより高く評価された。


画家であるヒュン・フオン・ドン氏は対フランス抗戦、対アメリカ抗戦についての20万枚の絵を描いた。撮影:レー・ミン(Le Minh)
戦場跡を訪問するヒュン・フオン・ドン画家と奥さん。撮影:資料。
ホーチミン市の美術博物館で行われる「ヒュン・フオン・ドン氏-芸術創造生活」展覧会におけるヒュン・フオン・ドン画家
 
南部戦争が行わるとき、彼は革命運動に参加するために、ソックチャン省へ来た。1971年から、彼は若者の画家を教育しながら戦った。彼はタイニン省のドイトォー絵画教室とカンボジアのダムべー絵画教室の教師をした。

南部戦場に活動する時間に、彼は数多くの激しい戦争を理解した。すべての歴史的なイメージは彼により描かれた。

ヒュン・フオン・ドン(Huynh Phuong Dong)画家は数多くの戦場に参加しながら、数多くの戦場に、数多くの絵を描いた。
ヒュン・フオン・ドン画家が真実な生活、戦争に関する素描の絵を描いた。その後、彼は水彩画の絵と油絵を描いた。
彼の有名な作品は、「アップバック戦場」、〔1963年〕「ビンザー戦場」(1965年)、「カウチューイ戦場」(1969年)、「Junction City戦場」(1967年)などの数多くの作品を含む。
ドン氏の素描きの絵は、見る人に深い感動、真実さを与える。

大きなイベント、軍人や軍人のお母さんはベトナム革命の美術的価値のある資料になる。

チャン・バック・バン(Tran Bach Dang)研究者は「ヒュン・フオン・ドン(Huynh Phuong Dong)画家の作品数量は巨大であり、約2万つの作品を含みます。彼は勤勉に働き、歴史と芸術のために、価値的な財産を与えました。」と言った。
ヒュン・フオン・ドン(Huynh Phuong Dong)画家の作品の中に、アップ・バック戦場」作品、「ビン・ジャー戦場」作品、「ラー・ガー戦場」作品は2007年に、ベトナム政府により受賞された。この賞品は彼の事業に対する重要な賞品である。

ヒュン・フオン・ドン画家の作品の一部

2007年に、政府から賞品を授与された「ビンジャ-戦場」 1965年の作品
2007年に、政府から賞品を授与された「ラーガ-戦場」1946年の作品
「戦闘計画について意見交換をする軍人たち」の作品
「クアンナム省のダイロック橋を渡る」1963年9月15日の作品
「戦場における手術」1967年の作品
「南部のY字橋地域での戦場」1968年の作品
「ロックニン地域の開放」1973年の作品
「ロックニン省、ロックタン町におけるゲリラ軍のラン少女」1973年4月14日の作品
「ロックニン地域を開放した後のロック谷川の岸辺」1973年の作品

2006年発行の英語とベトナム語で書かれた「ヒュン・フオン・ドン画家―戦争と平和に関する考え」の本はアメリカで公式発行された。同本はドン画家に対して、意義のある贈り物である。

90歳のヒュン・フオン・ドン画家は、絵画を常に愛する。彼は毎日絵を描く。私たちに絵を描くことについて話すとき、彼は「私は自分の国と海、空を護る軍人たち、人民たちについての絵を描くことを希望します。」と言った。

文:ソン・ギアー
写真:レー・ミン