21/03/2018 15:17 GMT+7 Email Print Like 0

ファン・ヴァン・カイ元首相の国葬 20日と21日

ファン・ヴァン・カイ氏は、生涯を国の革命事業に捧げてきた秀れた指導者です。

20日と21日の両日、ファン・ヴァン・カイ元首相の国葬がハノイとホーチミン市で同時に行われています。カイ元首相の追悼式はラジオとテレビで生中継されています。

グエン・フー・チョン党書記長、チャン・ダイ・クアン国家主席、グエン・スアン・フック首相、グエン・ティ・キム・ガン国会議長らが追悼式に参列し、弔意を表しました。

チョン書記長は、「ファン・ヴァン・カイ氏は、生涯を国の革命事業に捧げてきた秀れた指導者である。」との文を弔問ノートに記載しました。そして、クアン国家主席は、「ファン・ヴァン・カイ元首相をお手本として、国の建設・防衛事業のために全力を尽くしてゆく」と記帳しました。

ハノイ駐在各国の外交団の代表もカイ元首相の追悼式に参列し、弔意を表明しました。

一方、カイ元首相の追悼式は、各国駐在ベトナム大使館でも行われています。日本駐在ベトナム大使館で行われた追悼式で、グエン・クォック・クオン大使は、カイ元首相の大きな貢献を振り返りました。

また、ラオス駐在ベトナム大使館では、ラオスのトーンルン首相は、弔問に訪れ、「ファン・ヴァン・カイ氏はベトナムの発展・建設事業及びラオスとベトナムの特別で全面的な友好関係の強化に大きく貢献した」と弔問ノートにコメントを残しました。そして、タイ、スイス、中国などでも、ベトナム大使館は、カイ元首相の追悼式を行っています。

なお、カイ元首相の埋葬式は、22日午前11時に、故郷であるホーチミン市郊外のクチ県で行われる予定です。
ソース:VOV