07/03/2016 11:11 GMT+7 Email Print Like 0

ファム・ヒュイ・トン(Pham Huy Thong)画家の絵

ファム・ヒュイ・トン画家の油絵のコレクションは北部における農民たちの生活を表現し、ベトナム美術界により高く評価された。
ファム・ヒュイ・トン画家の「希望」の作品は2014年に、バックニン省(故郷)を訪問した後に、描かれた。彼によると、自分の故郷は老人、子供が残り、若者たちは働くために、都市へ出た。


ファム・ヒュイ・トン画家の油絵のコレクションは国内外の美術界により高く評価された。

ファム・ヒュイ・トン画家の油絵のコレクションについて、意見交換をする見る人々。


自分の絵画展の内容について意見交換をするファム・ヒュイ・トン画家。


ファム・ヒュイ・トン画家の展覧会を訪問する外国人。


ファム・ヒュイ・トン画家の「希望」絵画展は画家たちに高く評価される。


トン画家と作品。

「希望」絵画展において、人々は生活の苦労を感じながら、故郷に対する愛情を感じる。村の道で働く農民、屋根や庭の片隅に積まれた「としゃく」のイメージなど、深い印象を受ける。ファム・ヒュイ・トン氏は各絵を通じて、自分の想いを表現する。それぞれの故郷を離れ、新しい地域で各故郷の特長が発揮され混ざり合い、新しい特徴のある生活が始まる。
トン氏は「私にとっては、農村の変化は過疎化的な変化ではありません。農民たちの生活の中には常に信頼が存在します。都市に働きに出た農民たちは農村とのコネクションを大事にしています。」と言った。


ファン・ヒュイ・トン画家の「希望」展覧会のいくつかの
作品


「祖先の土地」作品


「忘れぬ故郷」作品


「漁民の夢」作品


「小売人の夢」作品


「2015年の夢」作品。


「都市人の希望」作品


第1の郷愁」作品


の「郷愁」作品


「泉」作品。


「自分の土地」作品

第1の「都市の欲望」作品。


第2の「都市の欲望」作品。



 

ファム・ヒュイ・トン画家はベトナムの才能ある画家の一人である。彼は「雨」や「手」などの数多くの絵画展を行った。2008年、シンガポール美術博物館はドイモイ(刷新)時期後における40名のベトナム人の中の代表する画家として選択した。彼は韓国、アメリカ、マレーシア、タイなどの数多くの国で行われた美術イベントに参加した。

文:グエン・オアン
写真:グエン・ルアン