16/09/2019 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

ファム・クアン・クオン教授とMade in Vietnam(ベトナム製)

ベトナムで第4次産業革命を促進するプロセスについて会談するため、帰国する100人のベトナム人の一人であり、「第4次産業革命の中のロボティクス・メカトロニクス会議:ベトナム企業に向けの需要と解決方法」において、ロボットの「オーガニック」技術発展戦略を概説し、「ベトナム製」のロボットの発展を強調した。
2012年Robotics会議:科学とシステムで最大の賞を獲得したファム・クアン・クオン教授はCRI Groupの班長として、2016ICRAでAirbus Shopfloor Challengeの二等賞を獲得した。

ファム・クアン・クオン教授のその賞とその研究はNew York Time、 Guardian、CNN、Science、Nature、MIT Technology Reviewなどで紹介された。

今回の帰国の時、「第4次産業革命の中のロボティクス・メカトロニクス会議:ベトナム企業に向けの需要と解決方法」に関連する交流会で会談したことはベトナム製のロボットの技術の将来についての楽観的なビジョンをみんなにもたらす。



ファム・クアン・クオン教授はベトナムで第4次産業革命を促進するプロセスについて会談するため、
帰国する100人のベトナム人の一人である。



シンガポールナンヤン工科大学(南洋理工大学)機械・航空宇宙工学におけるファム・クアン・クオン教授とその同僚


遠足の時のファム・クアン・クオン教授とその同僚

 

ファム・クアン・クオン教授はロボット、3Dカメラ、センサーがあり、現代的な設備が備えるロボットの研究室を設立する資金は10万米ドルから20万米ドルまでである。

ファム・クアン・クオン教授によると、最初の段階でベトナムはロボットを作ることができないが、ロボットを生産する段階に関する部品を生産することができる。

例えば、100万米ドルを有するロボットの生産の段階の中で、ロボットはカバーが50万米ドルだけであり、その生産のシステムが50万米ドルである。

組み立て、生産ラインのデザイン、ロボットのプログラミングなどの段階はベトナムのITの専門家が担当できる。そのため、ロボットを作る資金が減少される。


ファム・クアン・クオン教授は1984年に生まれ、フランスの Ecole Normale Superieure, rue d’Ulmから卒業し、日本の東京大学のJSPSのメンバーであった。2013年、教授のアシスタントとして、シンガポールのNTUに参加した。今、シンガポールナンヤン工科大学(南洋理工大学)機械・航空宇宙工学の教師である。
ファム・クアン・クオン教授はハノイ工科大学とホーチミン市工科大学の先生方と協力したことがある。その先生方は優秀で、世界の一流の科学の雑誌で研究の結果を公表した。

ファム・クアン・クオン教授の意見によって、ベトナムの政府が将来のための技術研究のプロジェクトへの資金を集中することである。

ファム・クアン・クオン教授は「ロボットを生産するためにそんなに難しくないです。中国はたくさんロボットを作りました。」と述べた。

インターネットの発展と応用のスピードが早い国の一つとしてファム・クアン・クオン教授は将来、ベトナムのITの専門家はロボットのソフトウェアを、ロボットの生産ラインを生産することができる。

ファム・クアン・クオン教授もベトナム政府が技術を発展する資金を投資すれば、数年間か5年間だけで、ベトナムはベトナム製のロボットを有すると思う。


ロボットの「オーガニック」技術発展戦略 

シンガポールナンヤン工科大学(南洋理工大学)機械・航空宇宙工学で、教えることの他、ファム・クアン・クオン教授は大学で設立されるロボットセンターで産業用ロボットを研究している。そこで、ファム・クアン・クオン教授も他の10人の教授とともに、手術のロボット、設立のロボットなどの分野で研究する。

ファム・クアン・クオン教授はシンガポールが科学者がその研究物を実現することについて有利的な条件をもたらすと述べた。

第1の方法はグループがその特許を使用することである。この方法は「know how」に関するため、難しいである。そのため、多くの科学者は会社を設立する第2のほうほうを選択した。



シンガポールナンヤン工科大学(南洋理工大学)機械・航空宇宙工学において、
教えることの他、ファム・クアン・クオン教授は大学で設立されるロボットセンターで産業用ロボットを研究している。



ファム・クアン・クオン教授は「ベトナム製」のロボットの発展について会談する。
 

そのため、ファム・クアン・クオン教授と研究のグループはEureka Robotics Pte Ltdのスタートの会社を設立し、椅子を組み立て、3D規模で印刷するなどの応用のロボットを生産する。ファム・クアン・クオン教授によって、第4次産業革命で、ロボットの業界でロボットを研究するだけでなく、実際に応用することは近い将来である。
Chí
そのため、同会議において、ファム・クアン・クオン教授は生産の分野でロボットを応用し、ベトナムをはじめ、世界でロボットを使用する傾向について会談した。

ファム・クアン・クオン教授も全世界の生産の分野でロボットを応用する全体的にビジョンについて紹介し、近い将来で多くの種類のロボットを発展させる傾向を概説した。

2013年、ファム・クアン・クオン教授はベトナムにおける大学を訪問し、ロボットの研究のプロジェクトを発展するための協力の機会を見つける。ファム・クアン・クオン教授は「しかし、当時、ベトナム人の同僚はベトナムにおけるロボットが現実になりにくく、資金がないからです」と思い出した。

しかし、この数年間、ベトナムの経済発展、特に、Vinfast四輪車工場が1台のロボットを使用することがわかると、ファム・クアン・クオン教授はベトナムの将来のロボットの生産のプロジェクトに貢献することに期待している。

ベトナムの指導者のメッセージのようにロボットの技術を把握するために、大学で優秀な専門家、教授の指導の下で、ロボットと自動化のの研究のセンターを設立することが必要である。

文:タオ・ヴィー
撮影:ヴィエット・クオン

他の記事