20/02/2015 21:41 GMT+7 Email Print Like 0

ブッシュカンの村はテトを迎え

ハノイ、ホアイドゥック(Hoai Duc)郡、ダックソー(Dac So)町は、オレンジを植える伝統地域であった、ダックソー町の人民たちはこの数年間に、仏手柑(ブッシュカン)を植える。仏手柑を植える職業は陰暦の正月に際して、数十億ドン(数万ドル)の所得を与える。
仏手柑を植えることで、生活が豊かになる
2015年の陰暦の正月が近づき、私たちはダックソー町を訪問した。ダックソー町は仏手柑で、有名である。仏手柑を植えることは高い経済効果を得る。ダックロイ町の仏手柑生産組合会長ター・ヴァン・フックは、広い仏手柑の庭を私たちに紹介した。彼は「ダックロイ町は、仏手柑を植える約220haの面積を有します。その中に、150haは、仏手柑の収穫シーズンに収穫できます。ダックロイ町における約500の家族は仏手柑を植えています。ダックロイ町における仏手柑を植える家族は、正月に際して、3億ドン~10億ドン(約1万ドル~5万ドル)の所得があります。」と言った。

 

仏手柑を植えるグエン・ヴァン・タインさん。
仏手柑を植えるダックソー町の農民たち。


仏手柑を植えるグエン・ヴァン・フンさん。


現在、ダックソー町の農民たちは広い面積に大規模で、仏手柑を植える。
2015年の陰暦の正月に際して、市場に供給するために、仏手柑を植えるター・ヴァン・ティンさん。
仏手柑を丁寧に植える農民。
 
«
                仏手柑は仏の手の形をするので、仏手柑は正月の、神棚に、飾る五果盆の1つとして、選ばれた。

»
チュンキー村におけるター・ヴァン・ティン氏の家族は、仏手柑の大きな果樹園を持っている。現在、ティン氏の家族は9千平方メートルの面積で、仏手柑を植える。彼はこの果樹園での収穫した仏手柑を売った金額は9億ドン(5万ドル)に達した。彼の家族の利益は5億ドン(約2万ドル)であった。グエン・ティー・トゥイ女史(ティン氏の奥さん)は「私は      仏手柑の、気持ちになります。」と言った。
豊作の喜びを共有するソンハー村のズンさんの家族は約1万平方メートルの 仏手柑の果樹園で、数十億ドンの収入を得る。 仏手柑の実は1個10万ドン(約5ドル)の値段がある。
  仏手柑は一年中収穫される。供物として使用されるほかに、仏手柑は薬の生産にも使用される。
ダックソー町における仏手柑のトレードマークの建設
2014年10月3日、ダックソー人民委員会は農民たちが科学技術を使用し、仏手柑のトレードマークを開発するために、町の仏手柑生産組合を設立した。

 

仏手柑の花


2015年の旧正月に際して、仏手柑を収穫するダックソー町の農民の喜び。
仏手柑を収穫するダック・ソー町の農民
仏手柑を収穫するダックソー町の農民
美しい仏手柑

ハノイのホアイ・ドゥック郡の1人の男の人はダック・ソー町に、ブッシュカンを買う。

グエン・ティー・トゥイは「ダックソー町の仏手柑生産組合設立後、町の組合は仏手柑を植える経験を交換をするために、農民たちと交流する場所です。」と言った。ダックソー町の仏手柑生産組合の指導者たちは農民たちのために、収穫された後、仏手柑を保管する方法を農民に教える。
町の仏手柑生産組合は、ダックソー町の仏手柑を市場に紹介することに重要な貢献を果たした。ハノイの農産物、伝統的な職業村の見本市においては、ダックソー仏手柑の店は、お客に深い関心を与えた。フック氏によると、多くの会社、スーパーは、私たちの仏手柑を買った。この見本市において、私たちは、各スーパーと薬を作る人たちのために仏手柑を供給する多くの契約書に調印した。

ダックソー町における人民たちは仏手柑を植える面積を引続き拡張している。ダックソー町にだけでなく、コックオアイ郡のフオンカック町とサイソン町の土地も借りて仏手柑を植えている。


 
文:レー・トゥイ・リン
写真:クイン・アン