18/01/2021 11:58 GMT+7 Email Print Like 0

ハーブ植物の魔法

ニン・ビン省ザーヴィエン県ザー・シン集落に入ると、村の道路や路地の端、家の庭の隅にしっかりと生えている土着のハーブ植物に出会います。若者たちの努力と知識によってシン・ズオック協同組合が設立され、すべての人のためのヘルスケア製品を生産し、少数民族の貴重な薬草地域を開発しています。シン・ズオック協同組合は、フィリピンで開催された2018年世界協同組合青年サミットでベトナムのモデル協同組合として表彰されました。
シン・ズオックは、ニンビン省のバイディン山の麓にある古風な村で、この地域全体に多くの貴重な薬用植物が自然に生えています。村人によると、グエン・ミン・コン(1073年-1141年)という有名な禅医がリー・タン・トン王の治療薬を探していたときに、この珍しい薬草地帯を発見しました。彼はこの場所をシン・ズオック(シン・ズオックはベトナム語で薬用植物が生育する場所を意味する)と名付けました。シン・ズオック協同組合は伝統的な経験に基づき、地域のヘルスケア製品を製造するためにはハーブ植物を使用することが良いと考え、地域の多くの農家の協力と熱意を得て、2014年に設立されました。

ザ・シン集落の元兵士のフオンさんはシン・ズオック協同組合の設立当初からのメンバーです。当時は2億ドンの資本を投資した7人だけがメンバーで、フットバスのハーブソルトとシャンプーエッセンシャルの2つの製品しかなかったと彼は述べました。2015年、ハノイ工科大学の医薬品化学の卒業生であるヴ―・チュン・ドゥック氏が帰郷し、シン・ズオック協同組合を設立してから、ハーブ製品とエコツーリズムを組み合わせたものに発展させました。


ニン・ビン省ザ・ヴィエン県、ザ・シン集落のホアン・タイン山麓にある6haのシン・ズオック協同組合の薬草ハーブと貴重な薬用植物の地区。


ハーブ石鹸を作るための原料、ミントを収穫するシン・ズオック協同組合の農民。


原材料エリアに植えられている新しい苗木についてスタッフと話し合う、シン・ズオック協同組合の創設に心血を注いだザ・シン村の元兵士のフオンさん。


原材料エリアのハーブ苗の世話。


シン・ズオック協同組合の農家によって収穫されるハーブ。


ハーブの葉もオーブンで乾燥させて、充分に滅菌。


ハーブ石鹸のロッドを小さなパーツに切る。


刻印され、箱詰めされるシン・ズオック協同組合のハーブ石鹸。

何百人もの地元労働者の雇用を創出してきたシン・ズオック協同組合。
 

シン・ズオック協同組合には、約40人の従業員、2棟のハンドメイド・ワークステーション、ホアン・タイン山麓にある6ヘクタールの薬草の畑、そしてハーブ製品を体験するための5ヘクタールのエコツーリズム・サービスエリアがあります。2017年から100%電子請求書を導入し、ハーブ石鹸製品の100%にQRコードを貼った、ニンビンで唯一の協同組合となりました。石鹸、抗菌水、ハーブ塩、バスエッセンシャルオイル、ヘアケア製品、皮膚などのシン・ズオック協同組合の伝統的な薬剤はすべて、ハニーサックル、ヒロハフウリンホオズキ、ヒイラギ菊、パチョリ、レモングラス、クマノ菊、しそなどの地元の植物から手作りされています 。

最近のシン・ズオックの薬剤地区にはハニーサックル、キンマ、カミメボウキなど、様々な種類のハーブがあります。毎日、シン・ズオックの従業員は薬草の世話をして工場に集め、刻んで乾燥釜に入れて乾燥させます。シン・ズオックは多くの製造工程を経て、すべてハーブから抽出された16種類の製品を製造してきました。シン・ズオック石鹸にはハチミツ、ビターメロン、サイカチ、ミント、モリンガ、レモングラス、シソなどの様々な香りがあります。シン・ズオック製品の小売売上高は月額10億ドンを超え、力強い成長を遂げています。



シン・ズオック協同組合の製品の特徴であるシンプル且つ自然なパッケージング。


市場で非常に人気がある足湯用の塩とハーブ塩。


ハニーサックルフラワーから作られたアンタイ茶


自然で健康的な特性を持つ子供向けのヘルスケア製品の一つ、赤ちゃん用バスソルト。


天然エッセンシャルオイル製品


抗菌性が強過ぎず、ベトナムの新型コロナ予防用として非常に売れ行きの良い、ベテルの葉から抽出されたシン・ズオックのマウスウォッシュ。


シン・ズオック製品


ハニーサックルフラワーのスキンケア製品

シン・ズオックの製品:レモングラスソープ、シナモンソープ
 
シン・ズオック協同組合のブー・チュン・ドゥク取締役会会長は当組合には農家のリソースと地元のハーブに関する知識を活用して、天然のハーブブランドを作るという利点があり、協同組合のすべての社員は自分の地区のガイドであると述べました。特にシン・ズオックの生産モデルは新しく設立された多くの協同組合に影響を与えたベトナムの協同組合のあり方の典型で、そのうちの一つは観光に関するものです。また一つのブロケード・観光・医療協同組合、ニンビン、ラオカイ、クアンチに二つの製薬協同組合が少数民族によって設立、運営されています。それに加えて、ニンビン、ゲアン、クアンビン、ハティン、クアンチに五つの新しい医薬品生産協力グループが設立されました。

2022年までの開発戦略は協同組合は生産に観光を結合させたシン・ズオック・エコロジーシステムを完成させることで、少数民族のハーブブランドの到達目標地点でもあります。
撮影:チャン・ヴァン
撮影:タイン・ザン、コン・ダット

他の記事