29/12/2021 01:46 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイを愛するアン・ソフィー

アン・ソフィーはハノイに長年住み、この地で幸せな家族を持つフランスの言語療法士です。また、彼女は音楽に対しても非常に情熱的で、ハノイ・ボイス合唱団のメンバーに加わり、国際色豊かな友人たちと共にベトナムへの愛を社会一般に広めています。
アン・ソフィーはリヨン第一大学(フランス)のリハビリテーション科学技術研究所で言語療法を専攻しました。その後、モントリオール大学(カナダ)で卒業論文を執筆し、スイスのジュネーブで10年間働き、精神発達障害のある子供のケアを専門としています。


アン・ソフィーは2005年にハノイファミリープラクティスで言語療法士として働くために初めてハノイに来ました。ハノイでの二年間、特に彫刻家のチャン・チョン・リンと結婚して以来、彼女に多くの素晴らしい経験をもたらしました。ソフィーと彼女の夫は二人とも芸術と音楽に情熱を注いでいます。彼女の家庭はフランスとベトナムの二つの文化をつなぐ場所です。チャン・チョン・リンはフランスやヨーロッパで多くの彫刻展を開催し、成功しています。

2007年以来、ソフィーと彼女の夫は仕事のためにベトナムとフランスの間を長年行き来していました。2019年、アン・ソフィーはハノイに定住するためにフランスでの多くの魅力的な求人を断りました。彼女は言語療法士としての熱意と経験をベトナムの新たな分野にもたらし、発展させることを熱望したのです。


いつまでも愛着ある場所としてベトナムを選び、ベトナムの自然と人々を愛し、ベトナム人のようなアン・ソフィー。


ハノイで多くの自閉症の子供たちを治療した言語療法士アン・ソフィー女史。


子供の言語コミュニケーション機能回復心理ケア分野に関するベトナムの言語療法士の経験交流会でのアン・ソフィー。


アン・ソフィーとベトナムの文化と芸術について学ぶ外国人仲間との日常生活。

音楽と芸術を愛しているアン・ソフィーと二人の娘。

現在、ハノイで充実した生活を送っているアン・ソフィーの家族。

アン・ソフィーはハノイに戻るとすぐに、ベトナムの言語療法士にトレーニングとカウンセリングを指導するために、ハノイの多くのカウンセリングやセラピーのセンターに連絡を取りました。 そして、ベトナムに住んで仕事をしているフランス人のコミュニティのニーズに応えるために、フランスの学校の隣に独立した言語療法の行う施設を開きました。また、彼女はハノイのフック・トゥエリハビリテーションセンターのコンサルタントでもあります。

以前、スイスの認知教育療法センターのセラピスト、フランスのサン・ジュニ・プイイの独立言語療法士であったアン・ソフィーは彼女の経験を生かし、ホーチミン市社会科学人類大学とリエージュ大学(ベルギー)、ルーヴァン・カトリック大学との間のプロジェクト「学習障害児の評価と心理的治療における大学卒業資格の開発・実施」において、ベトナム人学生の訓練に参加しました。
アンソフィーは優れたセラピストであるだけでなく、外国語と音楽の才能もあります。彼女は英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、フランス語の五カ国の外国語に堪能であり、常に言語を学ぶために最善を尽くしています。彼女はベトナム人のように流暢にベトナム語を話すことができます。また、ソフィーは歌を歌ったり、ギターを弾くこともできます。彼女はハノイ・ボイス合唱団のメンバーで、ハノイ・オペラ・ハウスの舞台で劇「ザ・ミゼラブル」に出演しました。彼女にとって、音楽と芸術、そして彼女の家族との生活の一部は、彼女がハノイをより愛し、外国の友人たちと共にベトナムの国の人々への愛を広めるのに役立っています。



2020年にハノイで上演された演劇「レ・ミゼラブル」の舞台に立つアン・ソフィー。


演劇「レ・ミゼラブル」で彼女の友達たちと共演したプロの女優のようなアン・ソフィー。

芸術愛好家として、ハノイへの愛を広めるためにハノイボイス合唱団に参加するアン・ソフィー。


セラピストやフランス語教師として働くと同時に、ハノイボイスで音楽を楽しむアン・ソフィーは常に献身的で完璧主義者であり、多くの人々の役に立てるよう仕事に励んでいます。彼女はハノイの人のようにシンプルな生活を送り、花を愛し、ハノイの街角を愛し、自分の子供と同じようにベトナムの子供たちを愛しています。特に、日常のコミュニケーションにおいて言語障害を持つ自閉症の子供たちの治療を通じて、自分の愛を表現することを彼女は望んでいます。
 

文:ビック・ヴァン

写真:ミン・タム


他の記事