15/09/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイの街におけるゾョー(団子餅)―ベトナムの伝統的な食べ物

ゾー団子は、郷土料理で、賑やかな街でも人気がある食べ物である。
昔、ゾーは端午の節句(陰暦5月5日)の時、祖先を礼拝するために料理された。現在、ゾー団子は1年中売られる。ゾー団子は、夏、ハノイの市民たちの手軽な食べ物で、5千ドンから1万ドン(25円~50円)である。


ゾー団子は蜜糖をかけて食べる。

ゾー団子は南部の色々な所で売られ、ゾー、チョー、ナンなどの多くの呼び名がある。ゾー団子の魅力は蜜糖をかけて食べることである。ゾー団子を食べると、夏の暑さを爽快にさせる感覚がある。

ハノイのゾー団子が売られている場所:
1、ホム(Hom)市場のハイさんの店(フエ通り79号)
2、Homefood 店(チュック・クエー通り19号、チャンビンチョン通り26号)3、ドンスアン市場のゾー団子の店。
4、タインロアンフード店:クアンタイン通り103号) 

文:ガン・ハー
写真:クアン・ロン