02/03/2018 16:26 GMT+7 Email Print Like 0

バンサックヴィエット(Ban Sac Viet)木版彫刻工房

チン・アイン・トゥアン(Trinh Anh Tuan)職人と彼の友達はバンサックヴィエット工房において、希少な木材で彫刻した。各職人は創造性、勤勉さで、熱心に、ベトナムの高級な木材を使った彫刻画の開発を望んだ。
チン・トゥアン・アン氏によると、彼はハナム省、キムバン地域における伝統木材加工村に生まれ、子供のときから、彼は木材の彫刻を勉強した。その後、トゥアン・アン氏はホーチミン市に行った。彼は日本人の彫刻家と一緒に働き、日本人の特別な彫刻技術を習った。その後、日本に行き更に技術を学んだ。

   トゥン・アン氏は ベトナムへ帰り、ベトナムと日本の技術で、自分のスタイルで彫刻することを望んだ。バン・サック・ヴィエット木版彫刻のブランドは上流階級のお客の要求にこたえるため、トゥアン・アン氏と同僚たちによって設立された。



彫刻場へ木材を運ぶ職人。撮影:グエン・ルアン


製品を研磨する工員たち。撮影:グエン・ルアン


細かい彫刻が必要である。撮影:資料


色付け作業。撮影:資料


2017年6月に、価値の高いベトナムの彫刻製品の展示会で、バンサックヴィエット工房の作品を見るお客たち。

撮影:ソン・ギア

        
製品のサイズによって、絵を彫る時間は違い、大きなサイズの絵は、5人~6人の職人によって1年かけて制作される。それで、絵の値段は高い。チン・トゥアン・アン氏によると、木材の絵の価値は木材の原料に基づき、木材彫刻芸術はそれぞれの職人の知恵価値である。
バン・サック・ヴィエット木材の絵のテーマは多様であり、天然風景、伝説、有名な人物、風水などのテーマを含む。木材彫刻の絵はダイニング ルーム、ベッドルーム、リビング ルーム、壁に飾られ、贈るために、使用される。

    

自然をテーマにした作品。撮影:グエン・ルアン


「チュック・クアン・トゥー(青竹の勢)」作品。撮影:グエン・ルアン


「トゥン・ハック・ジエン・ニエン(松鶴長春)」の作品。撮影:グエン・ルアン


木材の絵の作品。撮影:グエン・ルアン


木版の絵の作品。撮影:グエン・ルアン


「鳩」の作品。撮影:グエン・ルアン

「蓮と魚」の作品。撮影:グエン・ルアン


「鶏の家族」木版の絵の作品。撮影:グエン・ルアン


木版の絵の作品。撮影:グエン・ルアン


木版彫刻の絵はダイニング ルーム、ベッドルーム、リビング ルーム、壁を飾り、贈るために、使用される。

「バンサックヴィエット」ブランドを設立してから10年間で、職人は数百枚の高級な作品を彫った。バンサックヴィエット木版店はハーナム省、ホーチミン市、カントォー市にある。バン・サック・ヴィエットの彫刻画は人気があり、中国にも輸出される。
   バンサックヴィエットのワーク ショップは多くのお客の要求にこたえるために、 高級な木材のほかに、安価な木粉の絵、混合板材の絵、木像、など他の木材を使って作品を制作する。

文:ソン・ギア(Son Nghia)
写真:グエン・ルアン(Nguyen Luan)、ソン・ギア(Son Nghia)、資料