06/02/2020 09:59 GMT+7 Email Print Like 0

ノンヌオック・カオ・バン

壮大な光景と特別な地質があるノンヌオック‐カオバン国立地質公園(ジオパーク)は観光を発展させ、文化をアピールし、地域の9の民族の生活を改善させるために、境界の地域に新たな生命力を与える。
国境地方にあるノンヌオック(山脈)の不思議
ハークアン県、チャーリン県、クアンウエン県、チュンカイン県、ハラン県、フックホア県、ホアアン県、グエンビン県、タックアン県にあり、総面積3,000㎢のノンヌオックカオバン国立地質公園は130の特別な地質の遺産、その中、1つの国家の自然保護区、1つの景観保存地などがある。公園は5億年前の地球が形成した痕跡が残っている。

チュンカイン県の書記長は「 SUN GROUPがインフラを投資するバン・ゾック滝観光地はカオバン省とその周りの省、チュンカイン県の観光の発展に貢献し、国家のレベルの観光地の質に向上させる。」と述べた。
ノンヌオックカオバン国立地質公園において、フィアオアック、フィアデン生態観光地、タンヘン湖、グオムガオ洞窟などがある。特に、バンゾック滝観光地は境界における世界で4つの素敵な大きな滝の一つである。

チュンカイン県ダムトゥイ集落にあるバンゾック滝観光地は越-中の国境のにあり、幅50mで、高さが35mあり、3段の滝である。滝の周りには森があり、クアイソン川がある。ここで観光客は忘れられない体験できる。



壮大な光景と特別な地質があるノンヌオック‐カオバン国立地質公園は、観光を発展させ、文化をアピールし、地域の9民族の生活を改善させるために、国境の地域に新しい生命力を与える。
撮影:コン・ダット



国内外の多くの観光客が集まるバンゾック滝
撮影:チン・ボ


チュン・カイン県ダム・トゥイ集落にあるクオイ・キ石の村を訪問する観光客
撮影:チン・ボ


チュン・カイン県ダム・トゥイ集落にあるグオム・ガオ洞窟の鍾乳石。
撮影:コン・ダット


バン・ゾック滝観光地で記念写真を撮る観光客。
撮影:チン・ボ


チュン・カイン県ゴック・コン集落にあるフォン・ナム谷
撮影:コン・ダット

 

バンゾック滝を訪問すると、滝から500m離れたフィアニャム山に建立されたバンゾック竹林ファットティック寺の見事な寺が見える。ファットティック寺の上から北部の国境の一部が見える。

他は、チャリン県クォックトアン集落のマフック峠のツアーと「マットタンヌイ(山の神の目)のツアーはカオバン省の最も美しい峠の一つである。マットタンヌイの周りにある道を歩く時、広さ15haのナムチャ池とナムチャ滝を見ることができる。

ノンヌオック‐カオバン国立地質公園のフィアオアック―フィアデン国立公園には、素敵な多くの景色がある。ここで科学研究、遺伝子の保護、環境教育についての価値のあり、90の種類の植物があり、貴重な58種類の動物が生息している。カオバン省の西方の山の森は「緑の肺」と呼ばれ、、地域内の気候を調和させ維持発展に貢献する。冬、観光客はフィアオアック山に降る雪が見える。

カオバン国立地質公園を理解することはベトナムをはじめ、世界で知られるヴォ―・グエン・ザップ将軍と34人の兵士が1944年12月22日、ベトナム人民軍の前身であるベトナム宣言解放軍が設立されたところであるチャンフンダオ森がある。


本地の文化を体験

タイ民族の伝説によると、紀元前3世紀から、カオバン省は昔、ベトナムのトゥック・ファンが相手を負かし、ラック・ヴィエット人と西欧人を世統一させ、アン・ズオン・ヴオン王になり、首都をハノイのドン・アインのコーロアに移した。その時、カオバン省は政治-文化のセンターであった。

そのため、チャリン県、クアンウエン県、フックホア県、チュンカイン県に住むタイ民族、ヌン民族、ザオ民族などは特別な唯一の文化の絵を作り出した。



クオイキ村における築400年の石の高床式住居
撮影:チン・ボ



クアイ・ソン川で架ける木の橋でを渡る稲を運ぶ農民たち
撮影:コン・ダット



ファフン山の麓にあるフィアタップ村は、伝統職業である線香作りを維持している。
撮影:コン・ダット



伝統職業である布の染物を維持させるチュンカイン県におけるタイ民族の人々
撮影:チン・ボ



毎年グエンビン県タインコン集落で作られる麺は150トン販売される。
撮影:コン・ダット


クアン・ウエン県フック・セン集落ni
は150の鍛冶屋がある。
撮影:チン・ボ


ゴック・コン集落で米を収穫する様子。
撮影:チン・ボ



チュン・カイン県の特産物であるもち米を収穫するゴック・コン集落の人々
撮影:チン・ボ



400年間のクオイ・キ村にある高床のそばで米を天日干しさせるタイ民族の人々
撮影:コン・ダット

 

観光客はノンヌオック‐カオバン国立地質公園を訪問すると、伝統的な職業村であるパックラン村を探索することができる。伝説によると、昔、ある年寄りがヌンアンの人々の生活が困難であることを見て、その人々に鍛造の方法を教えた。今、フックアンに住むヌンアンの人々はその年よりの恩を仰ぎ慕う殿を建てた。

フィアタップ村に住むヌンアンの人々も線香を作る。昔から伝えられる職業であるため、だれでも作ることができる。フィアタップの線香は石灰岩地方の自然の原料から作られる。

観光客は、タイ民族、ヌン民族、ザオ民族などの民間の祭りに参加できる。各民族の料理が賞味できる。

ノンヌオック‐カオバン国立地質公園には、130の特別な地質が世界的にも価値のある遺産により、UNESCOに認められ、観光客はリラックスし、貴重な時間を楽しむことができる。


資源環境省の地質科学と鉱産院のチャン・タン・ヴァン博士はノンヌオック‐カオバン国立地質公園は様々な地質の遺産価値を持っている。特に、フィアオアック山脈には1億年前の火山があり、多くの鉱物を形成された。

文:チン・ボ
撮影:コン・ダット―チン・ボ