04/01/2019 11:09 GMT+7 Email Print Like 0

ドアイ(Doai)地域に残る多くの古民家

ハノイの西方へ50km離れたソンタイ(Son Tay)省にあるドゥオンラム(Duong Lam)村は、ベトナムの最も古い村の一つとして知られる。伝説の中に登場する多くの地名の中でドゥオンラム村はベトナム建設事業に大きな貢献を果たしたフン・フン王とゴー・グイエン王の故郷である。美しい自然風景があるばかりでなく、ドゥオンラム村は築数百年のベトナム建築様式を持った多くの古い家が残っている。
ドゥオンラム村における1000棟の家は、レンガで建設されている。この1000棟の家の中に、グエン・ヴァン・フン氏とラー・ティー・タオ女史の家はドゥオンラム村を訪問する観光客にとって、最も特別な家である。
タオ女史の家は100㎡の面積で部屋が5部屋あり1649年に建設され、400年が経った今も家はまだ存在し、12世代に渡り継承された家族がこの家に住む。



ドゥオンラム村のほとんどの建物はレンガで築かれている。


400年の歴史があるドゥオンラム村の最も古い家。


この家は国内外の観光客の有名な訪問地である


古い民家への路地。

第12世代に渡りこの家に住む家族。


屋根瓦。


この家の建築に見える存在感と時間の美しさ。


家には30本の柱がある。


木材に彫刻された模様は、家に美しさを作る。


家の主な部屋は客室である。


家は大きな原木を使って、建設されている。

2008年、グエン・ヴァン・フン氏の家の一部は修復された。


ドゥオンラム村の最も有名な家を訪問する外国人の観光客たち。


毎日、特に週末において、数百人の観光客はこの民家を訪問する。
ドゥオンラム村の最も有名な家は、レンガと木材で建てられている。レンガと木材建てられた家は、夏は涼しく、冬は暖かい。昔のベトナム人の大工職人は柱や梁に、簡単な模様を彫刻した。これらはベトナム特徴が古民家の美しさを作る。2008年に、この古民家は復元された。この400歳の家は特別な保存方法で、完全に復元された。
文、写真:ヴィエット・クオン、クアン・ロン