14/09/2018 16:22 GMT+7 Email Print Like 0

デルコ ファーム―テクノロジー4.0の開放された農業

数多くのベトナムの会社は、先進国のテクノロジーとハイテクな技術を農業へ投資を始めた。デルコ ファームは特別な農法を持つ。デルコ ファームはテクノロジー4.0のモノのインターネット(物のインターネット[1][2]、英語: Internet of Things:IoT)と統合するスマートな農業モデルである。
バックニン省トゥアンタイン郡における6ヘクタールの面積で、デルコ ファーム社は北部の最も現代的なスマート農業で、野菜生産、清潔な農産物生産に、100%の情報技術を応用する。
デルコ ファーム社における設計の100%、農地建設、ソフトウェア開発、自動管理、モノのインターネットはデルコ ファーム会社の技術者、ベトナムパートナーにより実施される。これはデルコ ファーム農業モデルは、安い経費、早い生産時間、簡単な規模の拡大の可能性を持つ。
レー・クアン・マインデルコ ファーム会社社長によると、ハイテクな技術を応用は、会社が生産高、品質を管理し、投資経費の25%の削減減を援助する。マイン氏は「デルコ ファーム会社におけるすべてのテクノロジーの価値は発揮されます。」と言った。


ベトナム女性の科学者協会の各学者に、テクノロジーを紹介するレー・クアン・マイン社長


デルコ ファーム社の生産システムの管理ソフトの操作は、デルコ ファーム会社の技術者により運転される。


新種の木を研究するデルコ ファーム会社


オランダから輸入されたシーズの発芽率は90%に達し、高い生産性を与える。


面積1000㎡のハイテックを応用した水耕栽培。


高い栄養値のあるサラダ菜


各技術者は野菜の成長と栽培システムを常に検査する。

メロンの栽培工程。


デルコ ファーム会社のKimoJi メロンの値段は1キログラム当たり12万ドンから15万ドン(約600円~700円)である。


デルコ ファーム会社のKimoJi メロンは日本のメロン種である。

デルコ ファーム会社は養鶏に、新たなテクノロジーを応用し、空気清浄換気システム、と暖房システムが完備されている。現在、デルコ ファーム会社には採卵鶏2万羽を飼育する1つの地区があり、1,000㎡の野菜の栽培場地区、KimoJi メロン生産の2つの栽培場(各1700㎡)がある。
そのほかに、デルコ ファーム社は農場を訪れた観光客たちのために休憩所を作っている。デルコ ファーム会社の商品が市場に売られ始めて8ヶ月になり、消費者の評価は、質と値段は高く評価されている。現在、デルコ ファーム会社の製品は、ベトナムで営業する日本の各レストランといくつかの大きなホテルに、商品を供給している。



養鶏場内のゲージ。


養鶏場で卵を収穫する作業員。

デルコ ファーム会社は農場を訪問し、農産物を買う観光客たちのための休憩所がある。

文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:チャン・コン・ダット(Tran Cong Dat)
他の記事