30/12/2019 11:26 GMT+7 Email Print Like 0

デオキシリボ核酸 (DNA)鑑定センター

ベトナムはこれまで多くの戦争を体験した。今でも、無名兵士の親族を探すことはベトナム民族の人情味を表すことである。デオキシリボ核酸 (DNA)の鑑定センターは、ベトナムの全国の各省から送られた兵士の遺骨を静かに英雄としての感謝の心で鑑定している。
ベトナム科学と技術アカデミーの DNA鑑定センターは兵士の遺骨のDNAを分析に成功し、毎年4,000人の兵士の遺骨を分析することが維持できる。鑑定センターも長期間かけて骨のデオキシリボ核酸 を分析し、犯罪遺伝学、個人遺伝子を鑑定する分野の中の人材養成センターとなる目標に向ける。

戦争で犠牲になった兵士の親族を探し検証するデオキシリボ核酸 (DNA)鑑定センターの現代的な規模を自分のこの目で見た。今、ベトナムで、ここへ送られた兵士の遺骨は50万体である。その中、霊園へ埋葬されていない3万の遺骨は南部の省、ラオスとカンボジアなどにあり、それらの遺骨の情報はまだ不足している。DNA鑑定センターの職員の鑑定作業は、科学的であるが、その中に心が込められた化学の過程であり、外国の専門家に高く評価される。


デオキシリボ核酸 (DNA)鑑定センタービル。
撮影:資料



設備を運用することを教えるドイツの専門家。
撮影:資料



Ion PGM新世代システム。
撮影:資料



ICMP Bosnia and Herzegovina委員会で働くデオキシリボ核酸 (DNA)鑑定センターの職員。
撮影:資料



デオキシリボ核酸 (DNA)鑑定センターはコーニェー技術研究地区にあり、10の実験室があり、兵士の遺骨を鑑定している。
撮影:ヴィエット・クオン



技術者によると、デオキシリボ核酸 (DNA)分析作業で困難なことは、長い年間で埋まれた骨はほとんど破壊されているためである。
撮影:ヴィエット・クオン



遺骨の骨からDNA鑑定をする。
撮影:資料



鑑定している職員。
撮影:資料



デオキシリボ核酸を搾取する自動装置
撮影:資料



DNA鑑定センターで分析をする。
撮影:ヴィエット・クオン



毎日、DNA鑑定センターの人は、兵士の親戚に喜びを与えるために最高の努力している。
撮影:ヴィエット・クオン

 

DNA鑑定センターは遺骨とその家族を分析し、研究と開発に役立つ10の実験室など、オフィスのシステムを含む総面積が750㎡である。発展国のデオキシリボ核酸 (DNA)鑑定の技術に相当するために、鑑定センターは現代的な設備を備えた。

DNA鑑定センターのホアン・ハー副社長はICMP Bosnia and Herzegovina委員会、ドイツのハンブルクで訓練させるため6人の優秀な社員を派遣したと述べた。その後、鑑定する社員は犯罪遺伝学の訓練のプログラムをアメリカの先端の専門家に2年間訓練される。

今まで、1,000人の兵士のDNAを鑑定し、800人の情報が確定できた。毎年4,000人の情報が確定される。鑑定は無料である。

DNA鑑定センターの韓国人専門家を含む50人の近くの専門家は毎日努力し、兵士の遺族に喜びを与える。


2015年、ベトナムの政府の首相はデオキシリボ核酸 (DNA)鑑定が遺骨の分析を通じて兵士の情報を確定する段階の唯一の一つである。鑑定センターは、全国で2千億ドンの資金が投資される3つの機関の1つであり、毎年、4,000人の兵士の確認に向ける。

文:ビック・ヴァン
撮影:ヴィエット・クオン、資料

他の記事