27/06/2018 12:45 GMT+7 Email Print Like 0

チョン書記長、中央公安党委員会会議に参加

チョン書記長は、国の発展事業への公安部隊の貢献を高く評価しました。 26日、ハノイで、中央公安党委員会は会議を行い、今年上半期の任務実施状況を評定し、下半期の計画を定めました。また、公安部隊の活動の効果向上に関する決議の実施状況を討議しました。 席上、発言に立ったグエン・フ・チョン党書記長は、「中央公安党委員会は国家安全保障や、社会秩序の確保事業において先頭に立っており、他の機関の党委員会の模範となっている」と評価しました。また、「今後も、公安部隊は自らの役割を発揮させ、国の発展防衛事業に貢献していく必要がある」と訴えました。 会議で、参加者らは、今年上半期に達成された公安部隊の成果を強調すると共に、その弱点や、克服すべき問題点を指摘しました。 ソース:VOV