02/09/2017 18:18 GMT+7 Email Print Like 0

チョン党書記長、ホーチミン主席を偲ぶために線香を手向ける

8月19日の8月革命記念日と9月2日の独立記念日72周年を迎えるにあたり、9月2日、グエン・フ・チョン党書記長はハノイの国家主席府内にあるホーチミン主席記念地区を訪れ、線香を手向けました。 その際、チョン書記長は、「革命の道」というホーチミン主席の名作に触れ、「これはベトナムの革命家と全国民の指針であり、ベトナム革命の思想的かつ理論的土台である」と強調しました。同日、国内外の観光客数万人はホーチミン廟参りをしました。タインホア省から来たファム・ティ・ホアさんは次のように話しています。 「ホーチミン廟参りをする人々は私のような感想を持つかもしれません。ホーチミン主席は全世界が尊敬する指導者ですね。ホーチミン主席の功労を永遠に忘れません。」 また、この機に、全国の人々は、ホーチミン主席の故郷である中部ゲアン省ナムダン県キムリェン村にある遺跡地区を訪れました。 ソース:VOV