17/11/2015 11:08 GMT+7 Email Print Like 0

チョエ画家の絵

ニックネームがチョエ、故グエン・ハイ・チ画家は(1943年ー2003年)晩年目がほぼ盲人のようになるまで37点の作品を描いた。その作品はフランスにおける絵画展で紹介された。
チョエ画家は学校で絵画の勉強しなく、自らの想像力、自分の力で絵を描いた。チョエ画家の長所は油絵、シルクの絵、ベトナムの伝統的な紙であるゾに描く絵である。その絵はベトナムの生活を反映するものである。

ニックネームがチョエで知られた故・グエン・ハイ・チ画家(1943年ー2003年)。
撮影:資料



ホーチミン市1区におけるSI Restaurantで開かれた絵画展。

チョエ画家は20世紀末の 風刺画家であり、絵を通じて、階層社会の悪態などを批判した。

チョエ画家の大部分の絵はベトナムの夫婦の姿を占めている。日本で行われた絵画展において、1995年チョエ画家が描いた10枚の戯画が紹介された。

1990年代、チョエ画家の戯画は多くのベトナムの新聞に載せられた。ここで、チョエ画家の代表的な絵をご紹介しよう。
チョエ画家の作品:
 

閉鎖.


作品ハンモック



作品森

















































文:ソン・ギア
撮影:レー・ミン