09/03/2018 18:21 GMT+7 Email Print Like 0

チャー・ザン(Tra Giang)人民芸術家と西北に関する絵

チャー・ザン芸術家は有名な映画俳優だけでなく、平安な生活がある画家である。
「トゥー・ハウ(Tu Hau)女史」映画(1962年)、「林の火」映画(1966年)、「17日における緯度」映画(1972年)、「戦線に参加する歌曲」映画(1973年)、「ハノイの子供」映画(1974年)、「母親に関する伝説」映画(1978年)、「ホアン・ホア・タム(Hoang Hoa Tham)氏」映画(1987年)などの映画のチャー・ザン女史の役は人気がある。1973年、チャー・ザン人民芸術家はモスクワ国際映画フェスティバルの優れた女性の俳優の賞を授与された。48歳のとき、「白い花の川」映画に参加したあとに、彼女は退職した。彼女はホーチミン市に、初めて住み、絵をはじめて描いた。

1999年に、レー・ティー・トォア(Le Thi Thoa)女史-チャン・ヴァン・チャー(Tran Van Tra)故中将の夫人を訪問するとき、チャー・ザン女史はトォア女史の家の壁における美しい絵を見るとき、絵を描く予定があった。

毎週に、チャー・ザン女史はホーチミン市美術教会に、3回に絵を描くことを勉強した。その後に、「草の香り」画家グループに参加した。彼女は絵を描くとき、心における平安を感じる。


チャー・ザン人民芸術・画家。


チャー・ザン女史と同僚、友達。


自分の作品を描く過程について、話すチャー・ザン画家。


見る人に深い感銘を与えるチャー・ザン女史の絵。


外国人の観光客の注意を引く「西北を渡す」展覧会。
2016年から2017年まで、チャー・ザン女史により描かれた「西北風景」作品、「ファー・ディン(Pha Din)峠」作品、「朝の光線」作品、「露に、散歩するホー・モン(HMong)族の女の人」作品、「サー・パー地域におけるシン・チャイ(Xin Chai)村」作品、「雲と山」作品、「赤いバレー」作品、「西北の午後」作品などの30つの絵は「西北を渡す」展覧会に陳列した。
チャー・ザン画家は天然、簡素なことを愛するので、天然、簡素なことについての絵を描いた。2006年に、行われた「夏」最初の展覧会、2016年に、開催された「春」展覧会、2018年に、開催された「西北を渡す」展覧会は天然に対するチャー・ザン女史の愛情を表現する。
現在、チャー・ザン画家の絵は国内外の数多くのコレクターにより売られた。75歳のチャー・ザン画家にとっては、絵画は彼女の「同行友達」である。

「西北を渡す」展覧会のいくつかの作品


露に、散歩するホー・モン(HMong)族の女の人」作品


「平安」作品


「サー・パー(Sa Pa)地域のシン・チャイ(Xin Chao)村」作品。


「夏の後におけるカリフラワー」作品

「散歩する雲」作品


「山と雲」作品。


「西北風景」作品


「朝の光線」作品


ファー・ディン(Pha Din)峠」作品


「赤いバレー」作品。


「西北の午後」作品。


「赤いカット・トゥオン(Cat Tuong)花」作品

「チューリップの色」作品。


3月8日の贈り物


チャー・ザン人民芸術家の第3回の個人展覧会はホーチミン市の博物館に、2018年1月8日(彼女の誕生日)に開催された。

文:グエン・オアン
写真:トン・ハイ