27/08/2021 01:04 GMT+7 Email Print Like 0

チャン・ティー・タイン・フエン博士と小児難聴研究

子供の早期遺伝子検査、難聴のスクリーニングを研究してきたチャン・ティー・タイン・フエン(Tran Thi Thanh Huyen)博士は難聴を引き起こす遺伝子変異を持つ乳幼児のための新しい治療の方向性を開き、ベトナムを代表する科学者として2020年のASEAN-US女性科学賞のファイナリストにノミネートされました。
乳幼児の難聴を引き起こす遺伝子変異に関する研究は、ベトナムをはじめとするASEAN地域で初めての新しい研究テーマです。ヴィン・メック幹細胞・遺伝子工学研究所のチャン・ティー・タン・フエン博士のアイデアは、彼女の科学者だけでなく母親としての熱意から始まりました。ベトナムの新生児は早期にスクリーニングされた場合、先天性難聴のリスクを軽減することができます。これは家族や地域社会にとって大きな社会的重要性を持っています。子供が聴覚障害者である場合、彼らはしばしば言語を発することができないため、これらの機能の両方が子供の感情的思考の発達を妨げます。フエン博士はまた、子供たちの聴力を救う機会がなかった多くの家族を目にしました。彼らがより早く医師のアドバイスを受けることができればと残念に思いました。

1979年に生まれ、ハノイ医科大学で1年目を終えた後、チャン・ティー・タイン・フエン博士はオーストラリアの生物医学を専攻するための学部奨学金を受け、ベルギーで博士論文を取得しました。海外ではオーストラリアとベルギーの医療システムの大規模な研究所で働き、人間の免疫システムを制御する多くの大規模プロジェクトの研究に携わってきました。彼女はHIVと結核などの危険な感染症のサンプルをテストする多くの科学的研究を開発しました。彼女は帰国後も、ベトナムとその地域で実際に学んだ知識を応用したいという思いがあり、生物医学の分野における研究に参加し、探求し続けました。


現在、ヴィン・メック幹細胞遺伝子工学研究所で働くチャン・ティー・タイン・フエン博士。
写真:ヴィエット・クオン



ハノイ医科大学を卒業した後、オーストラリアとベルギーで生物医科学を専攻し修士号と博士号を取得した
チャン・ティー・タイン・フエン博士。写真:ヴィエット・クオン

 

ヴィン・メック幹細胞遺伝子工学研究所でテストサンプルを処理および分析を行う
チャン・ティー・タイン・フエン博士と同僚たち。写真:ヴィエット・クオン



チャン・ティー・タイン・フエン博士の乳幼児の難聴の原因となる遺伝的変異の検出方法に関する
研究は病気の遺伝子を持つ子供たちの早期発見を助け、
早期に治療ができると期待されている。
写真:ヴィエット・クオン(Viet Cuong)




ヴィン・メック幹細胞遺伝子工学研究所の遺伝セクションでのマネージメントに加えて、
多くの医学研究プロジェクトに取り組むチャン・ティー・タイン・フエン博士と同僚。
写真:ヴィエット・クオン



免疫不全症候群に関する国際会議でのチャン・ティー・タイン・フエン博士と外国の同僚たち。
写真:資料



フィリピンのEthic病院に出張中のチャン・ティー・タイン・フエン博士。写真:資料

ヴィン・メック病院が投資している生物医学研究の分野は、世界医学の発展のための適切な方向性であり、彼女が得意とする分野でもあります。 フエン博士によると、ヴィン・メックは小児科の分野における多くの主要な医師と専門家が集まっています。ここではアイデアを実現する条件が整い、子供の難聴を引き起こす遺伝子変異に関する研究を大いに支援してくれました。病院の環境に関しては、彼女の仕事が歓迎され、思い通りに取り組むことが奨励されているため、非常に高い効果をあげることが約束されています。

「ASEAN-US女性科学賞」は、ASEAN加盟国が将来のリーダーを育成し、女性の機会を拡大し、国境を越えた課題に取り組むことを支援することを目的としている。 2020年の賞のテーマは「予防医療の育成」。
研究の過程において、医師と連係を取りサンプルを収集することが最も重要なステップでした。これまで、フエン博士と同僚はメソッドの分析と評価に適したテストサンプルの提供を受けています。聴覚障害者の遺伝学は非常に複雑な分野で、現在、世界には聴覚障害者の遺伝子検査キットがありますが、ベトナムでの実用化には適していません。フエン博士と同僚は研究、実験を繰り返し、子供にスクリーニングを行い、一歩一歩諸問題を解決し、新生児に適したテストキットを作成しました。難聴は出生児千人あたり3〜4人に発生する可能性があります。

遅れて発見された子供たちは、言語、認知の発達において永続的に修復不能な障害に苦しむ可能性があります。特定された原因のうち、約半分は妊娠中および出産中によるものであり、残り半分は遺伝的原因によるものです。したがって、可能であれば生後6か月以前に難聴を特定して治療することが推奨されています。それが、すべての新生児に対する難聴スクリーニングの意味と重要性であり、ベトナムの子供たちに適した難聴遺伝子検査キットを作る必要性です。

チャン・ティー・タイン・フエン博士の研究は子供の難聴の遺伝子検査キットの開発に貢献し、最初にヴィン・メック病院で検査に使用され、次にベトナムの他の病院でも検査システムに加えられました。毎日、マネージメント業務に加え、キット研究プロジェクトで同僚と一生懸命働き、ヴィン・メック病院で難聴スクリーニング遺伝子検査キットを迅速に検査を実施しています。幼児が生活の中で音が聴こえるようにすることは小さな問題のように思えますが、それは地域社会の予防医療において大きな社会的重要性を持っています。


文:ビック・ヴァン
写真:ヴィエット・クオン、資料

他の記事