07/10/2020 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

チャロイ洞窟を発見

「クアン・ビン省の洞窟の王国」というと、ほとんどだれでも偉大のドーン洞のシステムを思い出すが、レ・トゥイ県ガン・トゥイ集落の西北の石灰岩の山の下にチャロイ洞窟のシステムもあり、観光者に新たな体験をもたらす。
レ・トゥイにあるチャロイ洞窟のシステムはフォンニャ・ケーバン国立公園ベトナムの西南の方、ドンホイセンターから40km離れる。ここでベトナムのヴォ―・グエン・ザップ大将の足の印が残る。そのため、今まで、この洞窟のシステムがあるレ・トゥイ県の人民たちはいつもこのことを言うと、誇りがあふれる。

外から見ると、チャロイ洞窟は門が小さく、広さが4メートルだけであるためあまり誘惑しない。


チャロイ洞窟はガントゥイ集落レ・トゥイ県の西北の方にある
撮影:リー・ホアン・ロン


チャロイ洞窟を体験する時、観光客は十分の保護設備を備える
撮影:リー・ホアン・ロン


チャロイ洞窟の中の小さな泉でキャンプを張る観光客
撮影:リー・ホアン・ロン



いつも22°Cであるチャロイ洞窟の中で体験する観光客
撮影:リー・ホアン・ロン


チャロイ洞窟を体験する写真家
撮影:リー・ホアン・ロン

 

チャロイ洞窟を従える時、最も面白い活動は小さく、狭い洞窟で転がり、這い、泳ぐことである。チャロイ洞窟で、石筍、鍾乳石がそのまま昔から存在する。チャロイ洞窟の中、真っ青の川のシステムもある。特別な海老、魚が小さな池に住む。

チャロイ洞窟の外は広がる青い草原があるコイ村である。ここで張るキャンプの中で、観光客は多忙と日常の大騒ぎを忘れ、おいしい空気を吸い、ここの特別な文化を理解し、ヴァンキエウ民族の特産物を賞味する。

文、撮影:リー・ホアン・ロン