25/03/2016 16:26 GMT+7 Email Print Like 0

ダーラット(Da Lat)市-野菜と花の王国

前世紀の30年代に、ハノイの多くの農民たちはラムドン(Lam Dong)省、ダーラット市に移り住み、高原に、野菜や花を栽培してきた。現在、長年の経験とハイテク技術により、ダーラット市の人民たちは祖先の伝統を保存し、開発し、国際の市場に有名な多くの商品を生み出し、ダーラット市を野菜と花の王国に変化させた。
ハイテク技術で、強く発展

1038年に、伝統的なハードン(Ha Dong)花村は樹立された。その後、タイフィエン(Thai phien)花村、ヴァンタイン(Van Thanh)花村は240haに生まれた。それにより、ダーラット市は花の王国として有名になった。

1990年から、ダーラット市における花を植える職業は強く発展してきた。農園の所有者は花を植えることに、科学技術を応用する。特別、Agrivina有限責任会社 (Dalat Hasfarm)は1994年に設立され、ハイテク技術を応用した栽培モデルで、ダーラット市における花の栽培に、新たな発展を与えた。



サラダの園


ダーラット市、第7地区にあるキムバン(Kim Bang)農場のサラダ菜は現代的な方法で、栽培される

現代的な方法で、育てられる生花園

ハイテク技術を応用する各農場


各農園の自動散水システム。


ラムドン省における植物を研究する植物バイオ研究所


現代的な方法で栽培される野菜は質が良い


日本人の専門家たちにより、現代的な技術を応用し栽培を行う。

ラムドン省の農業農村開発局によると、2010年の栽培面積は9,800haであったが、ハイテク技術を応用し、2015年には、43.084 haになった。2015年、ダーラット市は2億5千万本の花を輸出し、2千6百万米ドルの収入を上げた。
最初に、Dalat Hasfarm社は自動散水システムで、バラとカーネーションを2 haに植えた。現代テクノロジーで、Dalat Hasfarm社は多くの種類の菊を成功に植えた。現代的な技術を応用するほかに、Dalat Hasfarm会社はダー・ラット市の花トレードマークを開発するために、各衛星農場と協力する。このことなので、農民たちは花を植える伝統的な方法から、現代的な方法を応用する。

ハイテク技術の投資金は高いが、この生産方法は経済効果を高める。それで、ラムドン省農業農村開発局とダーラット市の指導者たちは、花を植える農民たちを援助する政策を実現した。

1978年から、ダーラット市は、ジャガイモ、野菜、花の研究センターを設立した。
この数年間、ダーラット市は、キムバン会社、Bio-Organics会社、An Phu Lacue会社などの会社がある。この各会社は現代的な技術を応用し、多くの資本金を投資し、ダーラット市において、大規模農園を設立した。

ダーラット市の野菜と花は世界市場シェアを占める

ダーラット市における花と野菜の栽培に、ハイテクな技術を応用することは高い経済効果を与える。良質野菜の1ヘクタール当たり生産平均収入は4億5千万ドン~5億ドンに達し、高価な花の1ヘクタール当たり平均的な金額は8億ドン~1兆2億ドンに達する。ダーラット市とラムドン省は全国に花と野菜を供給する最大の地域になった。
この数年間、ダーラット市は、数1,000種の多様な花を供給する。ダーラット市の花は国際市場で高い位置を有し、世界における有名な花の生産国と競争力を持つ。

ダーラット市とラムドン省の野菜は、サラダ、キャベツ、花キャベツ、ジャガイモ、人参、玉ねぎなどの新鮮な野菜で知られ、その他多くの種類がある。





Dalat Hasfam 会社は、ハイテクな技術を応用し花を収穫する。


ユリの花を選別作業。


輸出用のバラの選別ライン。


新鮮な花包装する作業員たち。

新鮮な野菜の袋詰めをする作業員。


新鮮野菜の保管区域。


多様な花は、多くの消費者の要求にこたえる。


ラムドン省の各農園会社は商品をインターネットを使い紹介する

2015年、菊、バラ、ユリなどの花を植える100 haの面積で、 Dalat Hasfam会社 は1億4千万本の花、200万本の植木を市場に供給しました。 Dalat Hasfam 会社は、
50%の花は輸出し、50%は一般市場に売る。 Dalat Hasfam 会社は日本、台湾、オーストラリア、マレーシア、シンガポールなどの国に、花を輸出します。
(ホー・ドゥック・チュン(Ho Duc Trung) Dalat Hasfam 会社の経営管理者。
現在、ダーラット市における花は全国の地域で売られ、日本、台湾、タイ、シンガポール、マレーシアなどの各国に輸出される。Hiện nay, rau Đà Lạt
ダーラット市における野菜はGAP基準に達し、安全な栽培方法に従って植えられる。その他の会社も、現代的な保管方法を応用し、消費者の要求にこたえる。
キムバン会社、アインダオ農業協同組合や、タンティエン農業協同組合などの各会社は、全国の大規模店の注文により生産し販売する。他は、各地方に小売ネットワークを作っている。
野菜、花を供給することのほかに、農場は農業観光サービスを開発し、多くの観光客を歓迎する。これを通じて、ダーラット市の各農園は独自の商品を紹介し経済効果を高め、収入を増す。
現在、ラムドン省で、日本の企業は、約11種の野菜、花のプロジェクトに投資している。
将来、ダーラットは国際基準に達するベトナムの野菜と花の「王国」になる。
















現在、ダーラット市の野菜と花は全国の各地方で消費され、日本、台湾、タイ、シンガポール、マレーシアにも輸出される。

文:ソン・ギア
写真:グエン・ルアン