04/07/2020 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

ダラット―輸出するための花のメッカ

医師であるアレクサンドル・イェルサンに発見されたばかりのダラット市は荒れた土地で、人口が少なかったが、今は温帯の地域の特徴を持つ天国になった。ダラット市は、東南アジアでの花の輸出センターになることに向け、現在、輸出金額が5千万米ドルを超える目標がある。
ダラット―花の天国

1893年、スイス系フランス人であるアレクサンドル・イェルサン医師が自ら発見した海抜1500mのLangBiang(ランビアン)高原にある荒れた土地が「小さなパリ」と呼ばれるロマンチックなダラット市が、花のあふれる東洋地域の中心として注目されることは、想像ができなかっただろう。

イェルサン氏により発見された時から、ダラット市は、フランス人の避暑地として理想的なリラックスできる土地であり、フランスの姿を持つ。当時のダラット市には、フランス人に豪華な別荘を設立され、温帯地の野菜と花が栽培された。

温帯地のような気候と土壌に恵まれたこの地域は、野菜と花の生産は発展した。昔からダラット市は、野菜と花の栽培する職業があった。特に、花の栽培は、1938年に始まった。当時、ハノイのギータムの花を栽培するゴックハー村の人々がダラット市に移住し、ハドン村を設立した後、ハドン村、タイフィエン村、ヴァンタイン村などの村を設立し、今まで維持されてきた。




ダラット花祭り
撮影:タイン・ホア


ダラット市の人々により飾られた古典的な装飾。
撮影:タイン・ホア


ダラットで有名な紫陽花
撮影:タイン・ホア


ダラット市の人民たちと花
撮影:タイン・ホア


ダラット市のヴァン・タイン花の村
撮影:タイン・ホア


ダラット市にあるレストランに修飾された花
撮影:タインホア

ダラット市ににある多くの観光地。
撮影:タイン・ホア



「小さなパリ」と呼ばれるダラット通り
撮影:タイン・ホア

花を栽培することは、農民たちの生活を改善させるだけでなく、地域の景観を魅力的にすることをもたらす。今、観光客は花の村、花の畑、花の道と花の別荘に印象を受ける。

ダラット市は、土地の花だけでなく、ラベンダー、チューリップ、グラジオラス、カーネーション、バラの花、雛菊、秋海棠などの温帯地帯の花もある。ダラット市は、一年中花にあふれているが、1月にはヒマラヤサクラが、4月にはキリモドキが、10月にはミモザが咲く。

花はダラット市の愛情と生活であり、花の畑、山の通りの道だけでなく、詩、文、建築などでもあふれる。東南アジアで、ダラット市はダラット市の花をアピールさせるために、一年、二回花フェスティバルが行われる。

市の愛情と生活であり、花の畑、山の通りの道だけでなく、詩、文、建築などでもあふれる。東南アジアで、ダラット市はダラット市の花をアピールさせるために、一年、二回花フェスティバルが行われる。

ダラット市が「小さなオランダ」である夢

ダラット市の面積が9千ヘクタールである花を栽培する土地で31億本の花を収穫し、その中、3億千万本の花が輸出される。

Dalat Hasfarm会社のグエン・ヴァン・バオ副会長はダラット市をはじめ、ベトナムの輸出が困難に直面する原因は生産と収穫の技術がまだ問題があると述べた。特に、花の種の所有権の問題を解決しなければならない。花を輸出する首府であるダラット市に、生産するための所有権を有する花の種の量は20パーセントだけを占める。残る所有権がない花の種で生産するのは違反である。

毎年、ダラット市は5千万個の木、峰、枝などを輸入する。2030年まで、少なくとも、輸出のための野菜、花の30パーセントが所有権を有する目標がある。



ダラット生物株式会社のin vitroの技術で花を生産する技術
撮影:タイン・ホア



ダラット市にあるハイテクで花を生産する地区
撮影:タイン・ホア


Đà Lạt Hasfarm会社で輸出する花を収穫する
撮影:タイン・ザン


ダラット市で輸出するため欄を生産するのが発展する。
撮影:タイン・ザン



Đà Lạt Hasfarm会社のバラの花のサイズをチェックする工程
撮影:タイン・ザン



Dalat Hasfarm会社の花の農園で花に水をやる
撮影:タイン・ザン


バラの花を包む段階
撮影:タイン・ザン


Dalat Hasfarm会社の生産の段階の一つ
撮影:タイン・ホア

収穫された花はDalat Hasfarm会社の係員にチャックされ、包装される。
撮影:タイン・ホア


梱包の工程
撮影:タイン・ホア
PAN-HULIC会社、Dalat Hasfarm会社、ダラット生物株式会社は花の種を研究し、栽培し、多くの成功を収めた。

ダラット生物株式会社は、ベトナムで一番重要な種銀行であると評価され、in vitro方法で花の栽培を研究する実験室がある。実験室は面積が5千㎡であり、フランスの現代的な技術で設立され、一年、2400万本の木が生産できる。そのおかげで、毎年、数千万の木がオランダ、ベルギー、ニュージーランド、日本、アメリカ、デンマーク、中国、韓国などへ輸出される。

ダラット市において、Dalat Hasfarm会社は、ダラット市の花の輸出マーケットシェアの90%を占める。Dalat Hasfarm会社は花を世界に輸出する厳しいの標準を持つ少ないブランドの一つである。

面積320haのファームの他、Dalat Hasfarm会社は、花を栽培する200人の農民と協力し、栽培区域を拡大する。それにより、毎年、Dalat Hasfarm会社はアジア-太平洋で先端の花のブランドの一つになった。Dalat Hasfarm会社は、世界の10ヶ国へ花を輸出し、アメリカのFlowers Tech雑誌に、東南アジアで花の生産会社トップのリストに入れた。

文:タイン・ホア
撮影:タイン・ザン、タイン・ホア