23/11/2017 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

ダム副首相、越赤十字協会71周年記念式典に出席

今日、ベトナム赤十字協会の会員とボランティアの姿は馴染み深いものとなっています

22日、ハノイで、ベトナム赤十字協会は国際赤十字赤新月社連盟への加盟60周年、及び、ベトナム赤十字協会設立71周年を記念する式典を行いました。

式典でブー・ドゥク・ダム副首相はベトナム赤十字協会と人道活動に携わる人々がこれまでに達成した成果をたたえると共に、人道活動に対する国際赤十字赤新月社連盟と国内外の人々や企業の支援に感謝の意を表明し、次のように語りました。


「今日、ベトナム赤十字協会の会員とボランティアの姿は馴染み深いものとなっています。彼らは単に人道活動を行ったり、環境保護、貧困解消などに参加するだけでなく、より重要なことは社会全体に人道的精神や価値を広めたということです」

なお、赤十字国際委員会は、1863年の創設以来、国際人道法にもとづいて、戦争、内戦または国内騒乱の犠牲者に対し人道的支援を行っています。今はスイスのジュネーブに本部を置き、世界中で活動しています。
ソース:VOV