02/04/2021 16:29 GMT+7 Email Print Like 0

ダク・ノン 石と水のアンセム

何百万年もの間、激しい火山の噴火と地球の地殻変動によって形成されたダク・ノン世界ジオパークには洞窟群、高原溶岩、手つかずの雄大な滝などがあり、スティーブン・スピルバーグ監督の映画「ジュラシックパーク」の印象的な風景のように幻想的な美しさが溢れています。
クロン・ノ:火山洞窟の「王国」

クロン・ノは、ダク・ノン省の省都ザー・ギア市から約100キロメートル離れた北東部に位置する地区です。ここはダク・ノン世界ジオパークの中核ゾーンで、世界で唯一の約50もの火山洞窟があり、火山洞窟の「王国」と見なされています。
ダク・ノンの地質学的形成過程は約2億年前のジュラ紀にまでさかのぼり、この土地はかつて広大な海底の一部でした。古第三紀(約6.000万年前)以前に海水が後退し、地盤が隆起して火山が出現し始め、それ以来多くの玄武岩の噴火が約1万年前まで続きました。
特に、クロン・ノー地域のブオン・チョア地区にあるチュー・ブルク火山の激しい噴火が世界で唯一無二の火山洞窟群を作り出したと考えられています。そのため、チュー・ブルク火山地域周辺でC7、C9、C6.1、C6などの独特の構造を持つ多くの火山洞窟が発見されました。
 

自然や地質構造層の発達の節目を示す多くの特徴があるチュー・ブルックC9洞窟とその他の洞窟は
自然の変遷過程の発見や探求に情熱を持つ人々にとって魅力的な目的地。写真:コン・ダット(Cong Dat)



チュー・ブルック火山洞窟群に属するC8火山洞窟の入口は垂直の崖で、降りることは出来ない。写真:コン・ダット(Cong Dat)


光が射すと溶岩の絶壁がきらめくC9洞窟内の天井の美しさ。写真:コン・ダット(Cong Dat)


洞窟の天井は高さ12メートルを超え、幅は15メートルで非常に広いC9火山洞窟。写真:コン・ダット(Cong Dat)




ダク・ノン世界ジオパークの地質変動によって形成された珪化木と瑪瑙石が
クー・ジュト郡とダク・ミン郡で発見された。写真:コン・ダット(Cong Dat)



ダク・ノン世界ジオパークエリアで最も美しい火山の1つナム・カル火山(クロン・ノ郡)。
写真:コン・ダット(Cong Dat)



約500万年前の噴火の痕跡がこの火口の周りに美しい景色を作り出しているナム・カル火山。写真:タイン・ホア(Thanh Hoa)


クロン・ノ郡のチュー・ブルック火山洞窟群を探索する旅で通る溶岩の小道。写真:コン・ダット(Cong Dat)
 

ダク・ノン世界ジオパークの野生の美しさを探索する観光客たち。写真:コン・ダット(Cong Dat)


 
科学者たちはダク・ノン世界ジオパークの洞窟で7.000〜10.000年前の先史時代に人間が住んでいたことを表す明らかな痕跡を発見した。これは、世界でこれまでに発見された火山洞窟ではまれな出来事である。
クロン・ノ郡の中心であるダック・マム町から、私たちは仕事に使う機械や食べ物をバックパックに詰めて...そしてもちろん、クロン・ノの火山の洞窟の「王国」を探索の長い旅を始めるためには不可欠の懐中電灯を持って出発しました。

チュー・ブルク山に最も近い火山洞窟のC9洞窟で、地面から深さ約20mの洞窟の底に到達したとき、私たちは圧倒されました。洞窟の入口から差し込む光の流れを通して、映画「ジュラシックパーク」で撮影された息を呑むような景色が、色とりどりの凍った玄武岩の溶岩ブロックが積み重なった形で映し出されます。地衣類に覆われた森と共に、シダや他の無数の軟岩が緑になり、まるで地球の始まりにタイムトリップしたような幻想的な風景です。

懐中電灯を照らして奥深く入ると、玄武岩の崖は赤褐色に見えます。これは、何百万年もの間冷却された溶岩流が奇妙な色を反映してできた産物です。洞窟の床の下には、時間の経過とともに強く風化した火山灰の層がまだ発見されています。

ベトナムの元地質鉱物局長グエン・ヴァン・トゥアン氏によると、韓国の観光を象徴する済州島の万丈火山洞窟など、世界のいくつかの国の火山洞窟と比べてもクロン・ノの洞窟群ははるかに大きく、より魅力的です。

岩と水のアンセム

何百万年もの間、地質変動は火山の溶岩噴火とともに断層帯を作り、ダク・ノン地域の地形は大きく変化し、スレ・ポク川とドン・ナイ川の流れの変化を作りました。この流れの変化はリュウ・リー滝、チュオット滝、バイ・タン滝、ジャー・ロン滝、ドライ・サップ滝などの雄大で美しい自然の湖や滝を作り出しました。
ザー・ギア市にある壮大なリエン・ヌン滝はナジリー村を流れるダク・ニア川にあり、高さは30mを超え、密林の野生の美しさを引き出しています。高い崖から落ちる滝は、森の真ん中に白く広がる若い女性の長い髪のようです。滝の麓には幅数百メートルのカエルの口に似た形をしたアーチがあり、シダと美しい緑の苔で覆われ、蜂の巣のような層状になっている数十万の玄武岩の柱で構成されています。

 

 


ダク・ラク省とダク・ノン省の境にあるドライ・サップ滝。写真:コン・ダット(Cong Dat)


クロン・ノ郡ダク・ソ村のザー・ロン滝の断崖にある美しい地層。写真:コン・ダット(Cong Dat)


花崗岩をベースにした絶景があるタ・ドゥン国立公園の花崗岩の滝(スライド滝とも呼ばれる)。
写真:コン・ダット(Cong Dat)



タ・ドゥン国立公園周辺をパトロールする森林保護官。写真:コン・ダット(Cong Dat)


ゴング文化を継承するダク・ノン地域の先住民族のマ族。写真:タン・ホア(Thanh Hoa)


タ・ドゥン湖は、ダク・ノン県で最も高い山脈であるタドゥン自然保護区に属し、ダク・ノン高原とディリン高原の間に位置する魅力的な観光地。
。写真:コン・ダット(Cong Dat)

 
2020年7月7日、クロン・ノ、クー・ジュト、ダク・ミル、ダク・ソン、ダク・グロン、ザーギアなどの町を含む面積4,760平方キロメートルのダク・ノンジオパークはユネスコにより世界ジオパークとして認定された。これはベトナムで3番目の世界ジオパークである。

また、クロン・ノ地域には中央高地で最も有名な風景と言われているザー・ロン滝-ドレイ・サップ滝があります。ここでは、岩、水、森が山と森の素晴らしい歌のように混ざり合っています。滝の周辺では、玄武岩の溶岩流が数百万年後に冷えて崖を形成し、滅多に見ることが出来ないほどの奇妙で美しい形の急流を形成しています。


特に、ダク・ノン世界ジオパークはム・ノン族、マー族、エデ族など、豊かな文化的生活、習慣、慣習、多様性、独創性を備えた多くの少数民族が長年にわたって調和のとれた生活を送ってきた場所でもあります。また、先住民の居住地域から無形文化遺産の傑作や口頭伝承による中央高原ゴング文化的空間など、人類のユニークな文化遺産が生み出されています。また、ここは人類最古の楽器のひとつで、約2.500年前に玄武岩から作られた古代の石楽器の故郷でもあります。

ダク・ノン省人民委員会副委員長のトン・ティ・ゴック・ハ女史によると、ユネスコ世界ジオパークネットワークに認定されたことは、ダク・ノンの遺産がベトナム国内だけに限定されず、地域遺産から一般的遺産、人類遺産へと次の世代の遺産となることを意味します。したがって、ダク・ノン地域は観光宣伝とプロモーションを促進し、投資を呼び込み、国内および国際観光プロモーションイベントへの参加を含む様々な形で観光客をダク・ノンに引き付けるでしょう。

 

文:タイン・ホア(Thanh Hoa)

写真:コン・ダット(Cong Dat)、タイン・ホア(Thanh Hoa)