11/05/2021 10:14 GMT+7 Email Print Like 0

ソンラ省 少数民族の言語で選挙に関する宣伝を強化

(VOVWORLD) - 5月23日に予定されている国会選挙と各レベルの人民評議会選挙を前に、少数民族が人口の8割以上を占めるソンラ省は少数民族の言語で選挙に関する宣伝啓もう活動を強化しています。

ソンラ省の省都ソンラ市チエンソム村では、タイ族の言語による宣伝啓もう活動が毎日拡声器で行われています。この村のパン・ロ・ヴァン・チョ村長は次のように語りました。
(テープ)

「村には多数民族キン族と少数民族のタイ族がいますが、タイ族はキン族よりかなり多いので、タイ族の言語による宣伝啓もう活動を重視しています。毎日、午前と夕方に、選挙に関する情報を拡声器で発信しています。」

一方、ソンラ省ソンマ県チエンクオン村には多数民族キン族の他、タイ族、シンムン族、コームー族も住んでいます。そのため、地元の行政府は4つの言語で宣伝啓もう活動を展開しています。チエンクオン村人民委員会のリュ・ヴァン・クオン委員長は次のように語りました。

(テープ)

「国境地帯に隣接する村ですが、国道に近いので、他の村より宣伝啓もう活動が順調に行われています。村人のほとんどはベトナム語が分かりますが、選挙についてよく理解してもらうため、少数民族の言語でも宣伝啓もう活動を行っています。」