23/11/2018 16:16 GMT+7 Email Print Like 0

ソンチャ半島と自然の恵み

ダナン市は、照り付ける太陽、青い海、白い砂があるだけでなく、ダナン市の近くにあるソンチャ半島には,唯一無二の原始が残る場所がある。ソンチャ半島は国防と国民の安全の面で重要な位置であり、ベトナムで海とつながる自然林の生態系があり、自然保護区としての基礎を維持していると評価され、早急に政府が禁林であると決め、国防と環境、多様な生物を保護する目的で、国立観光地と認定された。
自然の豊富

自然はいつも厳しく、人知を超えた姿を見せるが、ソンチャ半島は他の景色と比べられない豊富な自然をもたらす。秋が来ると、ソンチャ半島のフタバガキの森がヨーロッパの秋の森のように赤く色ずく。突然のスコールが降るが、すぐに止み木の葉の隙間に光が差す。

雨の後は、森の中は、蝉や鳥、猿などの鳴き声が一斉ににぎやかなに響く。

雨が降ったり晴れたりの天気と野生動物の声で初めてソンチャ半島を訪れる人々に対して怖がるが、この謎の森を理解したい気持ちがある。

高いところから見ると、ソンチャ半島は3面が海であることと、その右側がハイヴァン峠、左側がクーラオチャムであり、1面だけが都市化しつつある大陸に接する。地理的な区分の都市化の影響はソンチャ半島の自然を維持することに悪い影響を与える。ベトナムの国内外の科学者はこの都市化について、ソンチャ 半島に生息する地球上の動物、植物の生態系を脅かせることについて警鐘を鳴らす。



ソンチャ半島は1000種類の植物があり、その中、治療効果のある143種類の薬草があり、
盆栽にできる140種類の草木があり、貴重な22種類の危惧種がある。
撮影:タイン・ホア



世界で一番素敵な自然環境の中に棲んでいる「女王」のクラングール棲むソンチャ半島。
撮影:タイン・ホア

 


ソンチャ半島に生息する黄い蝶
撮影:タイン・ホア



ソンチャ半島は貴重な鳥を含む多くの野生の動物が生息しているところである。
撮影:タイン・ホア







ソンチャ半島における森は22種類の貴重な植物を含む1,000種類の植物が生息する。
撮影:タイン・ホア




ソンチャ半島の森の樹齢数100年の古木。
撮影:タイン・ホア


ソンチャ半島のバンコ山頂から見る素敵な景色。
撮影:タイン・ホア



ソンチャ半島に棲む「クラングール」を探しているダナン市の写真家
撮影:タイン・ホア

 

ソンチャ半島はベトナムの全国の土の面積の0,014%であるが、その植物の種類は、全ベトナムの植物の37,83%を占め、ベトナム原産の植物の9,37%を占める。アルゼンチンのImpenetrable El国立公園、リパタゴニア保護地区、カナダのセーブル保護地区、アルゼンチンのイグアス国立公園、オーストラリアのキンバリー国立公園などの面積の100倍、更に、1000倍である他国の国立公園に比べると、ソンチャ半島の植物と動物の多様性は相当な物である。

ソンチャ自然保護区はダナンから東北へ10km離れ、ソンチャ区トクアン町にあり、面積4400ha、長さ13km、周囲は60kmであり、一番幅の広い所は6km、一番狭い所は2km、平均の高さは350m。高さは海抜696mである。ソンチャ森には1日7,000㎤の水が涌き、400万人の酸素が供給できる。特に、1300頭の世界のレッドリスト(CITIES)に入っているクラングールの棲むところである。
科学者にとって、ソンチャ半島は世界の各種類の野生動物がみられ、貴重な遺伝子を持つ動物を含む287種類の動物がいるという。特に、ソンチャ半島には東洋の特別な猿であるクラングールが見れ霊長類の女王と呼ばれ、将来絶滅の危機が高いとされている。 アメリカクラングール保護基金などの国内外の科学組織の研究によると、ソンチャ半島は400頭のクラングールの棲息する数が一番多く、ベトナムGreenVietバイオ多様性機関によると、クラングールの棲息数は1300頭であるという。

他はソンチャ森は1,000種類の植物、その中、治療の効果がある143種類の植物と、盆栽用の140種類、22種類の希少な植物がある。

動植物の数が多いだけでなく、自然の要素、地理、昔の文化遺跡の有るソンチャ半島は、ダナン市の最も良い位置になる。そのため、ソンチャ半島はダナン市の宝物、「青い葉」、「防壁」、「海の前の屏風」などと呼ばれる。

以上の価値で、ソンチャ半島はダナン市をはじめ、ベトナムの自然がもたらした恵みであると言える。


宝物と維持的な開発問題

今、科学の研究のおかげで、ソンチャ半島の美、豊さ、魅力などがすぐに分かるが、昔、ソンチャ半島は口伝えで知られた。バンコ山頂、ホン(島)ゲ、バイナム、バイバック、バイブットなどは昔から素敵で、幻想的な景色である。

時間が経っても、その素敵な景観は、今も維持されている。半島の人さえ半島は夢の中にいるようで、突然の多くの人々に目が覚めたようである。

ソンチャ半島は昔より美しく、にぎやかになり、世界の観光の地図で紹介されている。



ベトナムの最高の観音菩薩の像(高さ67m)があるリンウン寺
撮影:タイン・ホア





InterContinental Danang Sun Peninsula Resortはソンチャ半島の側面にある建築の傑作であり、ベトナムが主催した2017年APECのイベントを行った場所でもあった。
撮影:資料



ソンチャ半島のサイン湖の美
撮影:タイン・ホア



ソンチャ半島にある海岸道路で行われたマラソン大会
撮影:タイン・ホア



ハン川の西側とつながるレードゥックト通り
撮影:タイン・ホア


ソンチャ半島の麓にある朝早く光られるト・クアン村の海産物の市場
撮影:タイン・ホア



ハン川のそばにあるソンチャ半島の美
撮影:タイン・ホア

 

観光客にとって、ソンチャ半島はダナン市を訪問する欠かせない観光地であるという。ソンチャ半島は、原生林があり、クラングールが生息しているだけでなく、青い海、上品なリゾート地でもある。

ソンチャ半島は、ベトナムのハロン湾、フォンニャケバン、ブラジルのアマゾン熱帯雨林、日本の富士山、ボツワナオカバンゴ・デルタ、タンザニアのセレンゲティ国立公園などのように、自然に発生されて、人の手により消滅されないために、探索、研究、観光の面で効果的に開発される必要がある。

しかし、ソンチャ半島が人間に干渉されすぎると徐々にソンチャ半島に人の手が入り、保護の責任を負う人の我慢の限界を超えてしまう。政府の規則、警告を問わず、住民と組織がソンチャ半島を開発しすぎると、ソンチャ半島における野生動物の生息に影響を与え、自然の景観も破壊される。多くの人々が義憤を行い、政府は厳しく罰した。

ソンチャ半島の自然を維持することは難しい問題である。理由は宝物でも永遠に存在するわけではない。しかし、ソンチャ半島が永遠に自然の宝物にする最も良い解決方法は、人が自然と一緒に共存し、自然を守ることである。それをダナン市の政府、その市民たちが法律を守り、ソンチャ半島を保護していくことである。

ソンチャ半島に対しての政府の重要な企画:
‐1977年:ソンチャ半島の開発禁止の森

‐2011年:ソンチャ半島を国立観光地になる47地区の一地区を設立させる企画。(2030年までのビジョン)

‐2013年:ソンチャ半島を多くの貴重な動物、植物を有する自然保護区を維持させる企画。(2050年までのビジョン)

‐2014年:ソンチャ半島を自然保留地を維持させる企画。(2030年までのビジョン)

文:タイン・ホア
撮影:タイン・ホア、資料