30/09/2016 11:23 GMT+7 Email Print Like 0

スッポンの飼育の発展

ハノイのフースイエン(Phu Xuyen)郡、クアイタイ町、ヴィントゥオン村は最初は、稲を植える地域であった。チャン・コン・バン氏はスッポンの養殖を始めた最初の人である。それで、クアイタイ町は北部で最大のスッポンの養殖地域になった。
この24年間、クアイタイ町は、スッポンの養殖を開してきた。最初、ハノイのフースイエン郡、クアイタイ町は、貧しい農村地域であった。バン氏の家族と多くの農民の家族は貧しく、多くの苦難を強いられた。
スッポンの養殖を研究した後、バン氏はスッポンの高い経済価値を認識した。
彼は、スッポンの養殖の将来のためスッポンに投資した。飼育1年~2年間後には、飼料の価格は倍増しさらに上昇する可能性があると推測した。


ハノイ、フースイエン郡、クアイタイ町におけるチャン・コン・バン氏のスッポの養殖場

大きな池でスッポを飼う農民。
チャン・コン・バン氏のスッポの養殖場。
スッポンの産卵シーズンには、特の場所に卵を移す。

スッポを飼う農民たち。

スッポの栄養価の高い飼料を与える

バン氏はスッポンを養殖するために、お金を借りた。彼はフー・スイエン郡、クアイ・タイ町、ヴィン・トゥオン村で、スッポンの養殖を始めた最初の農民になる。

 バン氏もスッポンの養殖場を見学するために、多くの場所へ出向いた。彼は池の作り方、スッポンの選び方、スッポンの餌の調合、スッポンの病気の治し方を、自分で研究し試験した。
 スッポンを養殖して10年間、チャン・コン・バン氏のスッポンの養殖モデルはフー・スイエン郡で、有名になった。多くの農民たちはバン氏のスッポンの飼育方法を勉強した。クアイタイ町のスッポンの養殖業は、強く発展する。
 
バン氏によると、スッポンの成長は遅い。スッポンの成長は環境に大きく影響する。それで、スッポンの飼育は複雑である。養殖場の水質は常に検査が必要である。

 

スッポンの値段は、1匹約30万ドンである。
スッポンは池の砂場上がり、甲羅干し、寄生虫を殺す
砂の中に埋められたスッポンの卵
スッポンの卵を検査する農民。
病気のスッポンを治療する農民。
14キログラムにもなるスッポン

現在、チャン・コン・バン氏の養殖場は総面積2700㎡あり、13枠に分けられ1ヶ所は300㎡である。スッポンは3年~4年間で4キログラムー5キログラムになり、1匹の値段は4百万ドン~5百万ドンに達し、スッポンの値段は2百万ドン~3百万ドンに達する。2015年、バン氏は700匹のスッポンを売った。彼の2015年の収入は20億ドンであった。
現在、クアイタイ町には、スッポンの養殖業は発展し、高い経済効果がある。スッポンを飼育することは大きな資金があることは必要である。クアイ・タイ町は農民たちのために、援助政策を実施した。バン氏は農民たちの生活が改善するために、農民たちと自分の経験を一緒に分かち合う。現在、フースイエンには、20軒の家族がスッポンを飼育する。それぞれの家族の平均的な所得は5億ドン~10億ドンである。
 稲作の地域からスッポン養殖を通じて農民の互いの助け合いの精神で、クアイタイ町は農村経済の典型的な町になる。
 
文:トゥック・ヒエン(Thuc Hien)
 
写真:タット・ソン