14/01/2019 16:46 GMT+7 Email Print Like 0

スアンファー(Xuan Pha)踊り

スアンファー踊りは民間の伝統的な踊りである。研究者たちによると、スアンファー踊りは昔のベトナム人の秘話を含み、民族の歴史と多面的な関係を持ち、ベトナム人の舞踊に関する重要な役割を持っている
スアンファー踊りの伝説

現在、スアンファー踊りの元は民間文化研究者たちに対する秘密なことである。スアンファー踊りを保存することに対する重要な役割があるブイ・ヴァン・フン(Bui Van Hung)芸術家(タインホア省トォースアン郡スアンチュオン町)によると、スアンファー村の人民たちは丁朝(ディン)時代(968年~980年)から保存してきた。伝説では、ビンキエウ‐チャウアイ地域(現在のタインホア省)ゴー・スオン・シーとの戦いで、ディン・ボー・リン王は、クアンタイン地域に、兵士を駐留させた。
その後に、リン王の大使は、勝利と国家が統一を祈願した。
大使がチュー川の上流に到着したとき、暴風雨が起き、スアンファー地域で留まらづを得なかった。


ホアラン踊り、トゥーフアン踊り、チエンタイン踊りの面。撮影:コン・ダット


アイラオ竹の打楽器。撮影:タイン・ザン


スアンファー踊りの楽器。撮影:コン・ダット


チエンタイン踊り手は道具を準備する。撮影:コン・ダット


トゥーフアン踊りを踊る前に衣装を準備する。撮影:コン・ダット


スアンファー村の共同体の集会場の前でトゥーフアン踊りを踊る人たち。撮影:コン・ダット


太鼓のリズムに合わせて踊る踊り手。撮影:タイン・ザン


ゴークオック踊り。撮影:コン・ダット


ホアラン踊りの扇子の舞。撮影:コン・ダット


アイラオ踊り。撮影:コン・ダット



スアンファー踊りにはダイ・コー・ヴィエット国と近隣する5ヵ国の文化の代表的な5つの踊りがある。5つの踊りは高麗王国(現在の朝鮮)文化のホアラン踊り、南部のチエンタイン族文化のチエンタイン踊り、ラオス文化をのアイラオ踊り、呉の国の文化のゴーコック踊り、北部のルックホンニュン族文化のルックホンニュン踊りである。
(ソース:ベトナム音楽学院)

 
スアンファー集会場は海の神ダイハイロンヴオンを祭る場所である。チャウアイ地域にの人民たちの信仰に対して、ダイハイロンヴオン神は神聖な神である。夜、ダイハイロンヴオン海の神が大使の夢に出現した。ダイハイロンヴオン神は、敵との戦い方を指導した。その後に、ディン・ボー・リン王はダイ・ハイ・ロン・ヴオン海の神の方法を失言した。その後に、ディン・ボー・リン王と戦士たちは敵のゴー・スオン・シーを破り、国家を統一し、ダイコーヴィエット国(旧ベトナム)と名付けた。
ダイハイロンヴオン神の助けに対して、感謝を表現するために、ディン王はダイハイロンヴオン神を神殿に祀った。ディン王は毎年、スアンファー集会場で、スアンファー村の祭りで踊りを行うために、グエット・ヌオン皇后は人々に踊り方を直接教えた。その後に、スアンファー村の人たちは人民たちに伝えることを依頼した。
それで、スアンファー踊り(グーコックランバン踊り)はスアンファー村の人民たちの各世代により、伝承され、タインホア省の特別な文化イベントとなっている。
研究者たちによると、スアンファー踊りはベトナム宮廷舞踊の発展を表現する。

スアンファー踊りの長期的な存在
2016年9月に、スアンファー踊りは国家無形文化として公認され、タインホア省の文化遺産であるばかりでなく、ベトナム民族の価値のある文化遺産である。
ブイ・ヴァン・フン職人によると、戦時中、スアンファー村の祭りは長期間行われなかったが、人民たちは色々な方法で踊った。1936年に、バオ・ダイ王の要求で、スアンファー踊りはフエ市の見本市で行われた。その後、サイゴンとハノイでも行われた。
2018年ラムキン祭り‐タインホア省の最大の祭りで、スアンファー踊りは人民たちの繁栄を意義に演じられた。これはタインホア省の人たちの精神文化を表すスアンファー踊りが生活の中に長い間存在していることを表わす。




 スアンファー踊りの振り付けを描くブイ・ヴァン・フン職人。撮影:コン・ダット

スアンファー踊りのためのお面を作るドー・ヴァン・ハオ大工。撮影:コン・ダット


学生たちに、スアンファー踊りを教えるブイ・ヴァン・フン芸人。撮影:コン・ダット


スアンファー踊りの特徴のある振り付け。撮影:コン・ダット


毎年行われるスアンファー村の祭りで踊られるスアンファー踊り。撮影:資料


毎年行われるラムキン村に、踊られるスアンファー踊り。撮影:コン・ダット


スアンファー踊りは、踊りと歌がある。スアンファー踊りには決められた踊り方があり、踊り方は手踊り、足踊り、又、道具(旗、扇、剣、槍)を使って踊る。特別に、スアンファー踊りは肩を引く動作、頭を振る動作などの多くの動作によて表現する。(ソース:ベトナム音楽学院)
ホアラン踊りにおいては、踊る人は青い衣を着る。、気候の暑い中部に住チエンタイン族はチエンタイン踊りで赤い衣服、赤い帽子をつける。ルックホンニャン族の人民たちはタインホア省の西方の山岳地帯に住み、ルックホンニュン踊では藍靑色の衣服を着る。ゴークコ踊りではブルーの衣服を着る。
アイ・ラオ踊りにおいては、踊る人は白い衣服とラオスの紋織布切れで、飾られる。

昔の人々は各民族の生活区域を分別するために、色を使用し認識した。
現在、スアンファー村の祭りの他に、この文化遺産を保存するために、フン職人と他の職人たちは学生たちに、踊り方教室を開催している。
研究者ファン・カム・トゥオン氏によると、ベトナムは4千年の歴史があり、過去から永遠に存在し、多くの文化形式で現在まで伝えられている。スアンファー踊りに関する伝説や踊りはベトナムの人民たちの隠された過去についての話も含まれているようである。



スアンファー踊りは特別な踊りであり、多くの舞踊様式が集積されている。これは各芸術の華やかさを選ぶことである。スアンファー踊りは宮廷舞踊と伝統芸術の結合である。
(ベトナム音楽学院)

文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:チャン・コン・ダット(Tran Cong Dat)、チャン・タイン・ザン(Tran Thanh Giang)、資料