17/10/2018 10:38 GMT+7 Email Print Like 0

サーフイン(Sa Huynh)の海産物

ドゥックフォー郡フォータック町のサーフイン村は、クアンガイ省の海産物を加工する中心の地域である。
サーフイン村で加工される海産物は、ドゥックフォー郡フォータイン港で売買される。フォータイン港は約1500隻の船が集まる場所であり、クアンガイ省の海産物の水揚げの3分の2を占める。

ドゥックフォー郡は塩を生産するサーフイン地域があり、多く労働力があり、ドゥックフォー郡はクアンガイ省の海産物加工の中心的な地域である。ドゥックフォー郡は20ヶ所の海産物加工場があり、加工される原料はフォータック町の魚やイカなどである。



サーフイン海産物を乾かす村はクアンガイ省-加工地域の中心地である。


市場で人気があるサーフイン村の干し魚、干しイカ

魚やイカを干す前に、安全衛生を保つために、魚やイカをきれいに捌く。


フォータイン港は、約1500隻の船が集まる場所であり、クアンガイ省の3分の2を占める海産物が集められる。

海産物の加工と天日干し作業の殆どは、女性の手作業によってが行なわれる。


サーフイン村の特産である干しイカ。


新鮮なイカを乾燥する。


フォータイン港で水揚げされたカラフルな魚は加工される。

海産物を乾燥場の所有者のレー・ティー・マイさんによると、毎日に、彼女の仕事場はイカが主な海産物である3トンの海産物を買う。毎日、彼女の仕事場には60人〜100人の労働者が働く。海産物の乾燥シーズンは陰暦の5月〜12月まで行われる。海産物を天日干し職業は、多くの家族の主な所得となっている。サーフイン文化は、紀元前1000年から2世紀末まで存在していたことが確認された。



サーフイン文化は、鉄器時代のドンソン文化、オックエオ文化と同様に、ベトナムの三つの文化を形成している一つの文化である。サーフイン地域は村の建設と漁業と陶器を作り、鍛錬された職業に関する昔のベトナム人の遺跡が残る。それで、漁業はサーフイン村の人たちの伝統的な職業として知られる。
ドゥックフォー郡は40kmの海岸、面積が3000㎢の漁場があり、サーフイン海岸(フォータイン町)、ミーアー海岸(フォークアン町)がある。ドゥックフォー郡の海岸には6つの町があり、人口の47%は漁業で生計を立てている。
 
文、写真: コン・ダット