06/04/2021 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

ゴー・タイン・フオンと変数「X」を探求

ゴー・タイン・フオン振付師はLune Productionの作者グループのメンバーであり、さらに「À ốショー」「My Village」「早朝の霜」「Teh Dar」「Palao 」などの有名な演劇を成功させたアーティストで、現代の芸術界でよく知られた名前です。最近、この有名な振付師がコンテンポラリーダンスプログラム、存在を振り返る劇「X-project」をリリースしました。
作品「X-project」-存在の仮想変数は、変数「X」、身体「X」を発見するという魅力で観客を惹きつけているようです。動きによるボディーランゲージとしてヒップホップ/ポップ/ブレイクダンスとコンテンポラリーダンスとの組み合わせを取り入れたのは実験的な試みです。振付家とダンサーのコンビネーションでは、力強くて思い切った体の動きでありながら、柔らかさを醸し出しています。

X-projectには「生まれてから死ぬまでの体とは何か」「本当に存在しているのか」「私たちの中にあるものすべて、微妙な夢や優しい感情さえ受け入れるのか?そしてどのように私たちは自分自身に反応し、行動し、そしてお互いにコミュニケーションをとるのか?」などの多くの問いがあります。それに応じて、ゴ・タイン・フォン振付師は、人間の征服心や探求心をかき立てる多くの意味を含んだ興味深い劇を見せてくれました。



存在についての考えを表現している劇「X-project」。


同劇はボディーランゲージとコンテンポラリーダンスを組み合わせた実験のようなもの。


劇の様々な文化的および物理的空間と身体の相互作用の間に優れたつながりを構築することに成功したゴー・タイン・フオン振付師。


「誕生から死までの体は何か?」という質問を投げかけるXプロジェクト。


変数「X」の発見の魅力によって聴衆を引き付ける存在の仮想変数。


ヒップホップ/ポップ/ブレイキングを使って演じるアーティスト。


私たちは自分自身にどのように対応するかという問題を提起しているXプロジェクト。


私たちが自分の中に存在するすべてのものを受け入れるかどうかという問題を提起するXプロジェクト。


劇での力強くて思い切った体の動き。


コンテンポラリーダンスの特徴である肉体的な美しさを利用しているX-project。


劇には多くの意味があり、人間の征服心や探求心をかき立てる。
 

Xプロジェクトでは対話を使わないという要素に加えて、コンテンポラリーダンスの特徴である直接的で鮮やかな美しさだけを使って、ゴー・タイン・フオン振付師は身体の相互作用を様々な文化的空間や劇の物理的空間と結び付ける優れたサークルを構築することに成功しました。

ゴー・タイン・フオン振付師は学際的な実践アーティストであり、OpenStageプロジェクトの創設者であることが知られています。2012年、彼女は「消去可能」で韓国から国際振付師タレントコンペティション最優秀賞とデンマーク文化開発財団から受賞されました。2015年には「À ố show」を共同制作し、LuneProductionの「初朝の霜」の振り付けに参加しました。

文、撮影:グエン・ルアン