12/08/2016 16:12 GMT+7 Email Print Like 0

クー・ホー(K’Ho)コーヒー-クー・ホー(K’Ho)民族の清潔なコーヒー

クー・ホー(K’Ho)コーヒーはJoshua(アメリカ人)氏とコー・リエン・ロラン(Co Lien Rolan)女史(ラム・ドン(Lam Dong)省、クー・ホー(K’Ho)族)の夫婦はこの数多くの年間に樹立し、建設されるコーヒートレードマークである。現在、クー・ホー(K’Ho)コーヒーはラン・ビアン(LangBiang)高原の典型的なコーヒートレードマークであり、タイ・グエン(Tay Nguyen)地域におけるクー・ホー(K’Ho)族の清潔なコーヒー模型である。
クー・ホー(K’Ho)コーヒーについての話は一人のアメリカ人の男の人と一人のクー・ホー族の少女間の愛情で、始めた。2008年、アメリカと離れるとき、Joshua氏はカンボジア観光会社に働いた。ベトナムを訪問するとき、Joshua氏はコー・リエン・ロー・ラン(Co Lieng Rolan)と出会い、愛した。そのときに、美しいコー・リエン・ロー・ランはドイ・モン・モー(Doi Mong Mo)観光地に、銅鑼の演奏者とした。
結婚した後に、彼と彼女はロー・ラン女史の故郷に生活を稼ぐに決定した。コーヒーについて、一人の外国人の観光客と話した後に、ロー・ラン女史は清潔なコーヒーを生産することに決定した。Joshua氏とローラン女史は有機的な耕作方法で、クー・ホーコーヒートレードマークを樹立した。


クー・ホーコーヒーはラン・ビアン高原に、清潔なコーヒー実で作られる。撮影:資料。
Joshua 氏とロー・ラン女史は自分のクー・ホーコーヒートレードマークのために、コーヒー実を詳しく選択する。撮影:資料。
クー・ホーコーヒーを生産するために、ラン・ビエン高原に植えられるArabica コーヒー豆。
コーヒー豆。撮影:トン・ハイ

炒られるまえにおけるコーヒー豆。撮影:トン・ハイ

コーヒー豆を炒る過程。撮影:トン・ハイ

コーヒー豆を炒る方法は外国人の観光客に紹介される。撮影:トン・ハイ
コーヒー豆の質を検査すること。撮影:トン・ハイ

包装されるまえにおけるコーヒー製品。撮影:トン・ハイ
クー・ホーコーヒーを包装するロー・ラン女史。撮影:トン・ハイ
詳しく保管される清潔なコーヒーを生産するための原料。撮影:トン・ハイ
クー・ホーコーヒーを生産するためのArabica コーヒー豆。撮影:トン・ハイ

自分の知恵、クー・ホー族の夫人の援助で、Joshua氏はクー・ホーコーヒートレードマークを建設する計画を早く実現した。
彼、彼女はロー・ラン女史のBonneurC村に、加工されたコーヒー製品を売る。よい質があるコーヒー実を詳しく選択した。その後、コーヒー豆は7日間に、乾かされる。コーヒー豆は分類され、炒られ、包蔵される。くー・ホーコーヒーを加工することは手作りの方法で、実現される。
クー・ホーコーヒーはホーチミン市において、Organic Famers’ Marketイベントに参加した。それで、Real Speliality Coffee Roaster会社の代理者は20トンのコーヒーを注文した。しかし、Joshua氏とロー・ラン女史は大きな数量で、コーヒーの要求にこたえれないので、この注文を断った。彼と彼女は1億3千万ドンのコーヒーを炒る機械を投資した。現代的な機械の援助なので、コーヒーの質は高まれる。クー・ホーコーヒーの値段は1キログラム当たり28万ドン~35万ドンから1キログラム当たり50万ドンに増える。
自分の家族のコーヒー面積のほかに、現在、Joshua 氏とローラン女史はArabicaコーヒーを植える各家族と協力する。クー・ホー族の人民たちは清潔なコーヒーを植える方法を応用する。



コーヒー豆を選択する方法を観光客に紹介するロー・ラン女史。撮影:トン・ハイ
クー・ホーコーヒーを入れるJoshua 氏。撮影:資料

クー・ホーコーヒーを飲む観光客。撮影:トン・ハイ
クー・ホー民族の文化特徴があるクー・ホーコーヒーの包装における模様。撮影:トン・ハイ(Thong Hai)

1つのフェスティバルに陳列するクー・ホーコーヒー製品。撮影:資料

数多くのアメリカ人の観光客、欧州諸国の観光客により注文される。
撮影:資料

数多くの国内の観光客はクー・ホーコーヒーに興味を持ち、Joshua氏とロー・ラン女史の家を訪問した。Joshua 氏によると、現在、国内外の7つの店はクー・ホーコーヒー製品を経営する。ダー・ラット市はクー・ホーコーヒーを経営する。ニャー・チャン(Nha Trang)市、ホーチミン市はクー・ホーコーヒーを紹介する店がある。クー・ホーコーヒー製品は日増しに、数多くのアメリカ人の観光客、欧州諸国の観光客により注文される。
文:グエン・ヴー・タイン・ダット(Nguyen Vu Thanh Dat)
 
写真:トン・ハイ(Thong Hai)、資料
 
他の記事