01/08/2021 16:25 GMT+7 Email Print Like 0

クー・ダー村:郊外の職業村建築「生きた博物館」

ハノイ市タイン・オアイ郡クー・クエ町のクー・ダー(Cu Da)村は郊外にある職業村建築の「生きた博物館」です。
 
クー・ダー村のヴー・ヴァン・タン氏(87歳)によると、この村の歴史的および系図的研究文書には、村は400年前にチン世代の王子によって樹立されたと書かれているそうです。その後、クー・ゾアン氏、クー・チャン氏、クー・ファット氏 ...(1920-1940年、ハノイに大規模な繊維工場、工場、店、輸送会社などを所有)などの商才に長けた富豪たちがフランス建築の特徴を持つ家をこの村に建てました。
人々はクー・ダー村をとても誇りに思っているので、ハノイに行って店を出し評判を築くために、彼らの多くは村の名前を取り、それを自分の名前と組み合わせました。「当時のハノイの有名な金持ち商人は名前がクー(Cu)という言葉で始まっていたので、私たちがクー・ダー村の出身地だということをすぐに分かりました」とタン氏は説明しました。

伝統的な村の建築に興味がある人にとって、クー・ダー村はハノイの観光地の一つ。写真:カイン・ロン/ VNP

クー・ダー村の美しさ。写真:フォン・トゥー/ VNP


20世紀初頭に建てられたフランス建築で、クー・ダー村の伝統的なスタイルと調和している旧家。写真:コン・ダット/ VNP


時間とともに色づいたクー・ダー村の壁。写真:カイン・ロン/ VNP

クー・ダー村の小さな路地。写真:フォン・トゥー・/VNP

北部デルタの3部屋、5部屋のタイル張りの家という典型的な建築的特徴に従って設計され、昔の特徴を
維持したまま多くの時間が流れ、様々な歴史の出来事を見聞きしてきたクー・ダー村の旧家。写真:カイン・ロン/ VNP



クー・ダー村に残っている数少ない村の門。写真:カイン・ロン/VNP

かつては賑やかな交易場所で、クー・ダー村人たちが船を繋ぐ場所を知らせるために
灯りを持ったヒキガエルの石柱2本を建てたヌエ川埠頭。写真:カイン・ロン



クー・ダー村の昔の職人たちが優秀であったことを示す、ベトナムの村の痕跡を帯びた模様と
混ざったフランス建築様式で刻まれた洗練された線。写真:カイン・ロン/VNP


「昔はすべての村に門がありましたが、現在は3〜4個しかありません。その頃は水牛と人しか歩いていなかったので
門は非常に低く、村が発展した今、取り壊して約80cm上げる必要があります」と語るヴ―・ヴァン・バン町文化委員会前会長。
写真:コン・ダット/VNP 


クー・ダー村の苔色に染まった昔の壁の静けさがある、2,3階建ての家の間に点在する新しい壁。写真:コン・ダット/VNP


北部デルタの3部屋、5部屋のタイル張りの家という典型的な建築的特徴に従って設計され、昔の特徴を
維持したまま多くの時間が流れ、様々な歴史の出来事を見聞きしてきたクー・ダー村の旧家。写真:カイン・ロン/ VNP

クー・ダー村の生活空間。写真:フォン・トゥー/ VNP

タイン・オアイ郡人民委員会の統計によると、約200年前に北部デルタの旧家様式
で建てられた51軒の家が今も残っているクー・ダー村。
写真:カイン・ロン/VNP


クー・ダー村と言うと、誰もがはるさめを作る伝統工芸をすぐに思い浮かべる。食用カンナの澱粉からできており、通常は黄金色で、美味しく、腰が強く、
独特の香りが有名で非常に食べやすい特徴があるクー・ダー村のはるさめ。  写真:カイン・ロン/VNP
ドゥオン・ラム村は中部地方のラテライトで作られた「3つの部屋と2つの納屋」という田舎風の家で有名ですが、クー・ダー村はフランスの建築様式による典型的な郊外と川沿いの村のスタイルを持っています。クー・ダー村の建築は伝統的なベトナムの家と混ざったスタイルです。黄金時代、クー・ダー村には何百もの旧家がありました。しかし、現在、何百年もの間保存されている独特で奇妙な建築物の家は約50軒に過ぎません。 2階建てで、バルコニー付きの洋風ですが、村の多くの家は共同住宅の屋根のように湾曲した軒を持っています。ここで呼ばれる「西洋の家」の建築様式に加えて、クー・ダーの人々は有名で裕福であるにもかかわらず、瓦屋根とタイルの中庭を備えた3部屋の木造住宅を維持しています。

「奇妙なことに、古典的なフランスの様式は農民の伝統的な家と対立するものではありません。それどころか、ベトナムの他の村とは異なる建築様式を生み出しました」とヴー・ヴァン・タン氏は述べました。
村の集会所から集落、村の路地までの道を歩いていると、人々は今でも一般的な魚の骨のような形になっていることが分かります。村にはまだ傾斜したレンガの道がいくつかあり、多くの路地にはまだ門があります。クー・ダー村は、昔は21時に門が施錠され、村の秩序を維持し、盗難を防ぐために高齢者が交代で見張りをしていたと語ってくれました。

クー・ダー村を設立したチン世代の子孫の一人であるチン・コー教師は次のように話してくれました。十分な教育を受け成功した多くの人は、クー・ダー村から多くの才能のある人が育つように助けてくれることは殆んどありませんでした。これまで、クー・ダー村の子供たちの勤勉さの伝統は、それぞれの家に存在する普遍的な価値です。

「クー・ダー村の醤油、クック・トゥイ村のナス」という昔から民間に伝わる言葉があり、田舎ではクー・ダー村の醤油を作る職業が有名で、クック・トゥイ村で植えられたナスも有名だということです。現在ではクー・ダー村は醤油を作るだけでなく、春雨を作る職業も有名です。


文:カイン・ロン、コン・ダット、フォン・トゥー