13/02/2012 18:58 GMT+7 Email Print Like 0

クラフトリンクと高地の貧しい人々

工芸品研究・連結・開発センター(クラフトリンク)は1996年に設立され、高地の少数民族の同胞向けの持続的かつ効果的な収入向上と貧困削減を実現するための工芸職業トレーニング展開に非常に権威のある組織である。

ベトナムの高地民族の女性は基本的に手先の器用な人々で、裁縫、刺繍、紡織、編み物など多くの伝統工芸職業ができる。しかし、作業方法や製品の広告方法について知らないため、ほとんど人が自分の工芸職業で経済を発展させることができない。


高地民族の女性はしばしば多くの困難を直面して生活は大変である。撮影:コン・ダット

他の収入源は主に服の補修や刺繍からである。撮影:コン・ダット

高地民族の女性の伝統的な製品は市場で販売されていた。撮影:コン・ダット

ベトナムの高地民族の女性と伝統工芸職業。撮影:コン・ダット

その実情を掴んでいるクラフトリンクはこの約15年間で地元の人々に対して作業手順、測定スキル、製品の仕上げ、カッティングと縫製の方法、製品の広告方法、価格設定と製品の販売の方法等についてのトレーニングコースを開催するために、多くの遠隔地の村に行た。それに、クラフトリンクのエージェントシステムを介して地元の人々の製品販売も支援している。これにより、少数民族同胞の伝統的工芸品は国内の観光客に販売されているだけでなく、ヨーロッパ、アメリカと世界中の多くの国での市場にも輸出されている。

クラフトリンクの高地、過疎地の村へのアプローチは非常に困難であった。この仕事をやっていた日々を思い出すと、クラフトリンクの社長であるチャン・トィエット・ラン氏は次のように話した。ある日、クラフトリンクのプロジェクトチームはサン・サ・ホコミューンのモン族の生産能力向上の支援を提案することと、工芸品の市場を検索するためにサパに行った。地元の人々にいくら説得しても納得してくれなかったため、他のクラフトリンクのプロジェクトが展開されているタ・フィン(サパ)に連れて行って見学・研究してもらう方法を考えた。彼らはタ・フィンの人々の実績を自分の目で見た時だけに納得してくれた。だから、少数民族の人々を説得するためには仕事への熱意だけでなく、彼らの心理的、文化的慣習を理解することも重要である。
クラフトリンクはベトナムの非政府、非営利、フェアトレードの組織であり、少数民族グループ、障害者グループや専業村グループを支援し、伝統文化を復活させ、貧しい職人の収入を向上させる目的で活動している。


クラフトリンクと一緒に多くの少数民族の地域へ志願して行ってくれたフェデリカ・ボトライン氏(イタリアのオックスファム組織)は次のように言った。「クラフトリンクのプロジェクトは地元の人々の生活基準の改善と文化生活の向上に大きく貢献してきた。特に、この組織は非常に情熱的でクリエイティブなスタッフを持っていることが分かり、彼らは高地の人々の優れた製品が開発され、他の地域へ広げられる機会をもたらすブリッジだと思っている。」

クラフトリンクへの印象とは非常に若いスタッフを持ち、そして女性が98%も占めることである。少数民族の人々が経済を発展しながら、伝統工芸を維持することができることを望んでいるスタッフは、困難や大変さにも関わらず、多くの遠くの村へ行へ足を運び、地元の人々の伝統工芸職業について調査・研究している。これらの体験を基に、彼らは市場のニーズを満たす多くのモデルを設計して、輸出のために、地元の人々に伝統的な手法に従って製品を作ってもらうようにしている。これにより伝統的な製品の文化的と経済的な価値が大幅に向上された。

 
ハザンの女性が始めて自分の手作りの製品のデザインをコンピュータで見た。撮影:クラフトリンクの資料


クラフトリンクのスタッフは高地民族の女性に自分達の伝統的な職業からの収入増加方法について指導している。撮影:クラフトリンクの資料

クラフトリンクのスタッフは各村に行き、自分達の伝統的な職業での経済発展方法について指導している。撮影:クラフトリンクの資料

クラフトリンクのスタッフは高地民族の女性に製品価格の計算方法について指導している。撮影:クラフトリンクの資料

クラフトリンクの設立15周年記念に開催された高地民族の伝統的な工芸品保存プロジェクトの展示会。撮影:コン・ダット

また、高地の人々が自分で作った製品を紹介しながら、お客様と交流して市場拡大の機会を求めるために、毎年クラフトリンクはハノイで伝統的な手工芸品フェアを開催している。その結果、少数民族の文化についてもさらに広告することができた。

今までに、クラフトリンクは全国の様々な地方で約30件のプロジェクトを成功させてきて、6,000人以上に安定した仕事を与え、そのうち、ほとんどはモン、ジャオ、タイ、タオイ、チャム、ローロー、ヌン、クメール等の少数民族の女性である。2011年には、クラフト•リンクはモン、ジャオ(サパ)とローロー(メオ・バク、ハザン)の女性向けに既に4件の伝統的な職業発展支援プロジェクトを展開した。

将来の計画についてトラン・トィエット・ラン氏は次のように述べた。「貧困の女性がいる地域で伝統的な工芸品があれば、そこにクラフトリンクがある。私たちは高地の貧しい女性に仕事への偏愛フレームをもたらし、かれらの独自のアイデンティティを持っている伝統工芸品を近くと遠くからの友人の心に最愛の位置を残したい。」
 
文:ビック・バン
撮影:コン・ダットとクラフトリンクの資料