21/07/2018 13:24 GMT+7 Email Print Like 0

クアン国家主席、傷病軍人養護センターを訪問

7月27日の「ベトナム傷病軍人・戦没者の日」71周年を前に、19日午後、チャン・ダイ・クアン国家主席は南部沿海バリアブンタウ省にあるロンダット傷病軍人・革命功労者養護センターを訪問し、傷病軍人と功労者にプレゼントを手渡しました。 同センターの幹部や、傷病軍人、功労者との懇親会で、クアン主席は、「傷病軍人・革命功労者の保護・ケアは『水を飲む時、その井戸を掘った人の恩を思う』というベトナムのよき伝統を示す。党と、国家は常にこの活動に特別な関心を寄せている」と再確認しました。 また、クアン国家主席はロンダット傷病軍人・革命功労者養護センターの努力と成果を高く評価し、次のように語りました。 「労働傷病軍人社会事業省の幹部らが傷病軍人・革命功労者の保護・ケア活動に努力していることが分かりました。同時に、バリアブンタウ省の党委員会、行政府、各機関も特別な関心を寄せています。今後も、皆様が傷病軍人・革命功労者の保護・ケアに力を入れていくよう望んでいます。」 また、クアン主席は、傷病軍人・革命功労者の保護・ケアの重要性を強調した上で、ロンダット傷病軍人・革命功労者養護センターの幹部・職員に対し、「自分の任務を光栄と見なすよう」訴えました。 ソース:VOV