31/12/2020 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

クアンミン陶器モザイク-見事に組み合わせられた陶器片の芸術

モザイクアートの頂点を極めることは、独特な創造性で成功したクアンミン陶器ブランドが目指す方向です。才能あふれる技術で、クアンミンの陶芸家は時間をかけて耐久性のある作品を作り、全国各地に多くのユニークなアートスペースを造りました。
モザイクアートとは小石や大理石、色ガラスやタイルなどで、様々な模様や絵を表現する技法のことです。モザイク装飾の歴史は古く、一番古いものは紀元前4千年頃のウルク遺跡から発掘されています。クアンミン陶器株式会社はモザイク陶器の市場に参入し、頂点に立った最初のベトナム企業の一つです。陶芸家のグエン・クイ・ソン氏は家族から伝統を引き継ぎ、クアンミン陶器ブランドを築いてきました。5歳から陶芸を学び、24歳の現在、何百もの様々な陶器作品を創作したアーティストになりました。偶然にもモザイクについての本を読んだソン氏は、この分野で頂点に立ちたいと思い全力を尽くしました。最初の作品「魚」は、ホン川陶器道路プロジェクトに取り組んでいた時にトゥー・トゥイ画家の目に留まりました。トゥー・トゥイ画家はクアンミン陶器株式会社にその道路を100平方メートル以上建設するよう依頼しました。


新しいユニークなモザイク製品の制作に励むクアンミン・モザイクの若いデザインチーム。


クアンミンモザイク株式会社で陶彩画を生産。


焼く前に陶彩画のピースをカットする。


窯に入れる前に職人に慎重に配置されるセラミックモザイクのシート。


クアンミンモザイクでの完成品の梱包


クアンミンモザイクでは百人近くのアーティストが陶彩画を手作りで製造している。


火入れ前の大きな陶彩画のセラミックタイルの一部。


モザイク陶彩画は、ユニークで異質な何千もの小さなセラミック片で構成されている。


クアンミンモザイクの製品は何百人もの優秀な職人の才能ある腕、
創造性、そして芸術家、建築家、デザイナー、彫刻家の協力とアドバイスによって造られている。



クアンミンモザイクは、ベトナムで最大のセラミックモザイクハウスの
施工という記録を獲得した。

 


クアンミンセラミックワークショップは、国際的なアーティストが一時的に滞在し、ハノイをはじめ、ベトナムの陶器遺産に関する作品を作成するために集まる場所である。
陶彩画の開発の方向性はグエン・クイ・ソン氏による科学的な方法とプロセス、さらに職人の専門的な訓練によって構築されています。ソン氏はお客様一人一人の印象に残るような価値の高い作品を作りたいと考え、常に最終段階で品質を厳しく検査し、いつも完璧な基準に達しています。

クアンミン陶彩画を作る現在の熟練した職人は、高度なスキルを持っているだけでなく、建築業界の建設技術を持ち、絵画界の審美的魅力も柔軟に取り入れています。クアンミン陶器は土を焼いて陶器片を作り、職人が陶器の形を作り、それから陶器を覆い、組合わせて作品を作ります。特に陶器は1300度の温度で加熱されるため、寿命が長く、長期に渡って安定性があり、屋内から屋外まで様々な場所で使用できます。

クアンミン陶器は、ハノイのゴールドマークシティの二百万個の陶器片から造られた「11本の陶器の木」、ゲ・アン省ビン・ミン広場にある「カイン・ブオム(帆)の作品」、フー・ト省のヴァン・ラン観光地、フエの総合リゾート「アンサナ・ランコー」、タイビン川生態都市地区の「ユリの作品」などの名作がベトナムで有名です。

特に、多くの建築家がクアンミン陶器と協力し、ベトナムの重要なプロジェクトの建築にモザイクアプリケーションを取り入れいます。カイン・ホア省チュオン・サ県チュオン・サ・ロン島の会場の屋根に置かれた、200万以上のセラミックタイルから作られた303,8㎡の面積を持つ国旗は眼を見張るような作品です。



カイン・ホア省チュオン・サ県チュオン・サ・ロン島の会場の屋根に配置された、
200万以上のセラミックタイルで造った303,8㎡の国旗。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



クアンミン陶器によっていベトナム全土に造られた多くの傑出した作品の一つ、
ビンミン広場にある作品「カイン・ブオム(帆)」。
撮影:資料


ベトナムのアイデンティティを持つユニークで大胆なクアンミン陶器モザイク作品。
撮影:資料



クアンミン陶器の特徴が生かされた上品な装飾陶器モザイク作品の一つ。
撮影:資料



クアンミン陶器による
エレガントなセラミックカラーを組み合わせた絵画
撮影:資料



クアンミン陶器による芸術的な陶器モザイク。
撮影:資料

 

この10年間、クアンミン陶器株式会社は各世代の美術学校、建築学校の学生たちと一緒に歩み、将来の仕事の中で必要な描画と造形の能力を伸ばすために、陶芸ワークショップで訓練ができるよう支援しています。

バット・チャン村には陶磁器歴史博物館があり、訪れた観光客は300万個の陶器片からベトナムとその人民のイメージを表現した特別な作品に出会い、非常に興味を抱くことでしょう。陶器の床、陶器の壁、陶器の絵、陶器品はそれぞれ独自の方法で造られていますが、どれも陶器の舞踏を融合したような叙情的な空間を作り出す詩的な趣きで満たされています。陶器記念展示館はクアンミン陶器が心血を注いだモデルハウス作品で、モザイク陶器独特のインスピレーションが刺激される場所です。
文:チャン・ヴァン
撮影:ヴィエット・クオン、資料