09/03/2021 10:29 GMT+7 Email Print Like 0

グローバルブランド構築途上の「SaoThai Duong」

市場で20年の歴史を持つ「SaoThai Duong」は、ハーブ化粧品の製造と販売においてベトナム市場をリードするブランドの一つです。多くの製品がベトナムの家庭に親しまれ、消費者の心にブランドが根付いているだけでなく、現在、「Sao Thai Duong」は世界的なグローバルブランドの確立に向けて新しい一歩を踏み出しました。
2020年1月22日、「Sao Thai Duong」はロンドンのにぎやかなショッピングエリアにある英国最大のベトナムのスーパーマーケットチェーンであるロン・ダンスーパーマーケットで『NatureQueen』シリーズの発表会を開催しました。このイベントは、ベトナムのハーブ化粧品が英国市場において正式に参入した節目となりました。

『Nature Queen』シリーズは、2017年から市場に参入しましたが、米国やEUなどハードルの高い市場を含む12か国に輸出されています。これは、世界的なブランドを目指して、数十か国で「Sao Thai Duong」の商標が登録されているハイエンド製品シリーズです。

「Sao Thai Duong」株式会社の共同創設者兼副所長であるグエン・ティ・フオン・リエン氏によると、同社は2015年に初めて「ThaiDuong」ブランドの製品を国際化粧品見本市に持ち込みました。「フェアに参加したところ、顧客はシャンプー製品に興味を持っていることに気づきました。特に、試供品を使った顧客たちは3日間のフェアで3回も商品を購入するためにフェアに戻ってきました。」と、フォン・リエン氏は『Nature Queen』ハイエンド製品シリーズ誕生の経緯を思い出しながら語りました。



品質基準を満たす薬草を栽培、収穫、購入するために農家との連携に焦点を当てることが同社の現在の持続可能な発展の方向性。


高品質の製品を生産するための重要な要素であるクリーンな薬草の採取。


「SaoThai Duong」とルーカスマイヤー研究所の間で行われたアンチ肝斑β-ホワイトに関する技術移転の調印式(ハノイ)。


式典でβ-ホワイトの有効性を検証するために行われた黒色腫皮膚細胞の検査。


2020年8月3日の朝、SaoThaiDuong株式会社から新型コロナ感染症の予防と管理のためにウイルス抗体検査キット5万セットの贈呈を受けた保健省ドー・スアン・トゥエン副大臣。

 

『Nature Queen』は2年後に誕生しました。これは、米国とヨーロッパの厳格なオーガニック基準に沿って製造された同社初のハイエンド製品シリーズです。

フオン・リエン氏によると、クリーンな薬草の採取は高品質の製品、特に『Nature Queen』などの国際的な輸出製品を生産するためには重要な要素となります。したがって、同社の現在の持続可能な発展の方向性として、品質基準を満たす薬草を植え、収穫し、提供してくれる農家と連携することに焦点を当てています。


2017年、「Sao Thai Duong」はAPECサミット(アジア太平洋経済協力)賞を受賞した。

2018年、「Sao Thai Duong」は消費者の投票による100のTrust&Useの製品とサービスを称える賞を受賞した。
現在、「Sao Thai Duong」は北西部のいくつかの省で「森林保護と組み合わせた天然薬草の開発、遺伝子の保存、薬草の栽培と薬草の加工」プロジェクトに投資し、ベトナムでクリーンな薬草供給のイニシアチブと開発を計画しています。

2002年、EUはアセアンがアセアン化粧品協会の設立を支援するプログラムを展開しました。セミナーに出席したフオン・リエン氏は、当時の外国人がハーブに非常に興味を持っていることに気づきました。しかし、当時のベトナムの化粧品業界は「まだ何もない」状態でした。

そのため、EUが協力プログラムの枠組みの中で欧州基準に従った化粧品に関する講習会をASEANで開催した時、フォン・リエン氏はコースへの参加を申し込みました。 これは、ASEAN企業向けに初めて行われたヨーロッパの化粧品トレーニングコースです。 「Sao Thai Duong」は初めてこのコースを受講した2つのベトナム企業の一つでした。

アセアン世界銀行が資金提供する化粧品に関する第二回目のコースに参加した後、フォン・リエン氏はヨーロッパの専門家に、工場の設計と建設、研究からヨーロッパの基準に沿った生産の品質管理まで指導してくれるよう依頼しました。

つまり、「Sao Thai Duong」は、ベトナムで化粧品製造に関するASEAN GMP基準を満たした最初の企業で、医薬品GMP基準、化粧品GMP基準、ISO14000基準を満たした工場、HALAL証明書、米国市場への輸出用のFDA証明書取得に投資する先駆的な企業です。

また「Sao Thai Duong」の化粧品は、安全要件を厳密に満たしているだけでなく、多国籍企業の化粧品と同等の品質を実現しました。

最新の技術生産ライン、GMP基準、クリーンな薬用農場を組み合わせた多くの輸出製品シリーズを持つ「Sao Thai Duong」はフランス、ドイツ、オーストラリア、アメリカなどの大規模な市場で高い評価を得ている数少ないベトナムの製薬会社の1つです。



「Sao Thai Duong」株式会社の薬草展示エリア。


「Sao Thai Duong」株式会社の展示エリアに陳列されている天然薬草。


2017年から市場に参入し、米国やEUなどハードルの高い市場を含む12か国に輸出されている『Nature Queen』シリーズ。


「Sao ThaiDuong」が数十か国に商標登録している『Nature Queen』は世界的なブランドを目指した高級商品シリーズ。


「Sao ThaiDuong」の女性のための健康食品『TayThiコラーゲン』。


血糖値を下げるのに役立つ「Sao Thai Duong」の健康食品『ノーベル』。


Sao ThaiDuong株式会社の『ThaiDuong3薬用シャンプー』。


Sao ThaiDuong株式会社の『NatureQueen』シリーズのスキンケア製品。


Sao ThaiDuong株式会社の白くて美しいスキンケア『Valentine』

 

2019年初頭、ベトナムエッセンシャルオイルーフレグランス化粧品協会(VOCA)は「SaoThaiDuong」を韓国済州島化粧品事業協会との協力企業に選びました。

また今年、「Sao Thai Duong」株式会社のリーダーは、ベルギーのアントワープ州知事であるCathy Berx氏と、37人のベルギー企業家代表団の訪問を歓迎し、同社の製品をベルギー、オランダとルクセンブルグに輸出する基盤を築きました。

現在、63の省と都市に病院、薬局、代理店の流通ネットワークを構築し、176の製品が市場で販売されていて、『 Thai Duong Cream』『Thai Duong Shampoo』『Rocket』など、多くの製品がベトナムの家庭に親しまれています。

フオン・リエン氏によると、「Sao Thai Duong」の設立(2000年)以来の考え方は、「民族の伝統的な医学へのグローバルなアプローチが必要である。」とのことです。

これを念頭に置いて、「Sao Thai Duong」は科学技術を応用して、伝統的な医学の処方を証明しました。フオン・リエン氏は「それまでは単なる民間の経験でした。 しかし、世界の科学的研究や技術を適用した時、ベトナムのハーブの処方を認めるでしょう。」と強調しました。

フオン・リエン氏によると、毎年、同社による最大の投資の1つは科学研究です。「人生の変革、環境の変革、病気の変革には私たちの変革が不可欠。」と会社発展の考え方を述べました。

そのため、ベトナム人の健康に寄り添って20年間、「Sao Thai Duong」はベトナムの消費者と世界の基準を満たし、品質をリードする独自の製品を生み出すために絶えず研究と開発を重ねています。

文:タオ・ヴィー
撮影:コン・ダットと資料

他の記事