23/01/2015 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

キエンクオン(Kien Cuong)狐コーヒー

狐コーヒーを生産モデルの成功だけでなく、ダックラック省におけるキエンクオン社は、省における20軒の家族が、狐コーヒーを生産の成功を援助した。このモデルは、人民たちが希少な狐の保護を認識させることに援助し、ダックラック省におけるコーヒーを植える人々のために、農産品の価値を増す。
フンエン(Hung Yen)省に生まれたのに、グエン・マイン・クオン氏は前世紀の70年代ダックラック省に住んでいた。1994年、彼は、飼育するために、2匹の狐を買った。
この2匹の狐は成長したとき、彼は、絶えるおそれがあるタイグエン地域の狐を保護するために、 狐の飼育を行うことを希望した。その後、クオン氏は地方の森林保護機関により狐を飼育することを許可された。

マイン・クオン氏は「私はエーデー民族の村の人民たちと狐の繁殖について、意見交換をした。その後、私はこの経験を自分の農場に応用します。」と言った。


コーヒーの実を食べるキエンクオン社の狐

狐の食べ物-コーヒーの実
キエンクオン社におけるコーヒー園。

コーヒーの実を食べるほかに、狐は栄養のある食べ物も食べる。

狐を飼育する人は狐の健康管理もする。

毎年、キエンクオン社は、市場に、900キログラムのコーヒーを供給する。

«
          キエンクオン社の狐コーヒーの製品は科学・テクノロジー局の知的所有局によりブランドの証明書と「狐コーヒー生産方法の発見」特権証明書を取得した。 2011年、キエンクオン社は 、GCF組織により「狐を飼育し、輸出する狐コーヒーの生産」プロジェクトの後援の契約書に調印した。
                                      »
その後、マイン・クオン氏は世界から「王のコーヒー」と呼ばれる狐コーヒーの生産に投資した。しかし、この生産工程において、クオン氏は、大変な苦労と困難に直面した。

最初の問題は、狐のコーヒーを生産するために、クオン氏は、多くの繁殖能力のある狐が必要と考えた。クオン氏は5年間に、4匹のから270匹まで狐を増した。
最大の問題は、狐コーヒーの生産工程を研究であった。2000年、狐コーヒーブランドは、インドネシアで多く作られ、狐コーヒーを生産する工程は秘密である。マイン・クオン氏はブオンドン郡、ラック郡におけるエーデー族の人、ムノン族の人に、狐コーヒーを食べ、狐コーヒーを保管する方法について、話を聞いた。
最初の一杯の美味しい狐コーヒーがクオン氏の農場で出来た時、マイン・クオン氏は彼のプロジェクトは、将来成功することを知った。マイン・クオン氏は、狐を飼育し、コーヒーの木を植える3つの農園に投資した。狐コーヒーを生産する時期は、タイグエン地域のコーヒーの実を収穫する時期(11月、12月)である。この時、マイン・クオン社長は狐の食べ物として使用するために、ダックラック省の最も美味しいコーヒーの実を買う。
キエンクオン狐の飼育場の工員であるグエン・ヴァン・ティン氏によると、狐は、熟れたコーヒーの実だけを食べる。食べて3~4時間で、コーヒーの種を排泄する。1日後、狐は、約1オンスのコーヒーの実を排泄する。
 


キエンクオン社において、コーヒーを煎じ、挽く過程。

キエンクオン会社の狐のコーヒーの袋詰め。

キエンクオン会社はコーヒー生産ラインにおいて、食品の安全を重視する。

 ホアン・マイン・クオン氏は、狐のコーヒーの生産に成功した、ダック・ラック省の人
現在、世界の市場において、狐のコーヒーの値段は1キログラムに当り3000米ドルである。

キエン・クオン会社のコーヒーはベトナムの有名なトレードマークになる。

現在、キエンクオン会社は、狐の飼育場を拡大し、狐のコーヒーを生産する場所を投資した。毎シーズン、キエンクオン社は、日本、台湾などの各国に輸出される約900キログラムの狐のコーヒーを生産する。1キログラムの狐のコーヒーの値段は3000米ドルである。

2012年から、今まで、キエンクオン会社はタイグエン地域の農民たちのための狐を飼育し、狐のコーヒーを生産する方法についての訓練コースを樹立してきた。現在、ダックラック省における20軒の家族は、キエンクオン会社の狐のコーヒーを生産するモデルを実行している。クオン氏は「私たちはコーヒーを植える農民たちが、高い所得が得られることを望みます。」と言った。
文:トン・ティエン
写真:タット・ソン