08/01/2020 11:17 GMT+7 Email Print Like 0

カンボジアの首相、ベトナム志願兵に謝意

ベトナム志願兵の支援により、カンボジア国民はポルポト政権の大虐殺から救出され、祖国を解放されることになりました。
7日午前、カンボジアの首都プノンペンで、カンボジア国民が1月7日のポルポト政権転覆41周年記念日を祝う式典が盛大に行われました。席上、演説を行った同国のフンセン首相は、「ベトナム志願兵の支援により、カンボジア国民はポルポト政権の大虐殺から救出され、祖国を解放されることになった」と再確認しました。フンセン首相は次のように語りました。

「その暗黒時代に、カンボジアの愛国者たちは勇敢に戦い、救国戦線を設立しました。カンボジア救国戦線はベトナム志願兵をはじめ全世界の平和愛好者から多大な支援を受けました。それらの支援は、1979年1月7日の輝かしい勝利を作り出しました。」
ポルポト派はおよそ300万人のカンボジア人を殺害しました。そして、カンボジア国民をその惨禍から救出したベトナム志願兵は「仏の部隊」と呼ばれました。
ソース:VOV