11/04/2016 10:37 GMT+7 Email Print Like 0

カインカム(Canh Cam)新鮮な野菜農場

ホーチミン市、第2区‐タオディエン地域に住むゴー・クアン・ヴーさんとダン・レー・ミーさんの夫婦は、自分の子のために、新鮮な野菜を与える目的で、アメリカとイスラエルのハイテック技術を応用し、有機野菜農場を建設した。
有機野菜を植える経験を2年間勉強した後に、2015年5月、3000㎡の面積に、カインカム野菜農場(2人の娘の名前)作り、お客に野菜を紹介した。現在、カインカム有機野菜の農場はホーチミン市の人に人気がある。

週末、
カインカム農場は、にぎやかである。農場における野菜の値段は高いが、栽培過程が直接見られるので、お客は安心出来るカインカム野菜農場の野菜は新鮮で清潔であり、栄養が豊富な野菜なので、安心を感じる。

カインカム有機野菜農場の建設にあたり、IT技術者である、ゴー・クアン・ヴー氏はアメリカとイスラエルの最新のテクノロジーを応用し、野菜を栽培することに決定した。

農場の建設に掛かる資本金は50億ドンに達するが、2人は同プロジェクトに投資することに決定した。



カインカム野菜農場の一部。


国際基準に達する野菜。


国際基準に達する野菜。

トマトの苗


自動散水システムで、野菜に水を与える


カインカム野菜農場の新鮮な野菜。


温度、湿度を測る機器。

各野菜の苗を育てる地域。


新鮮で栄養価の高い三要素を有する野菜

カインカム野菜農場の野菜はヴー氏の夫婦の友達を通じて売られた。その後、次第に、カインカム農場の野菜は多くのお客に買われようになった。

現在、ホーチミン市において、市民たちは生鮮食品に関する大きな要求がある。
カインカム農場は、保存剤、肥料、殺虫剤を使用しない。開始から7ヶ月過ぎ、現在、カインカム農場は100種類の野菜と果物を栽培し、毎日50種類の野菜と果物が収穫される。

現在、農場は小売販売ををして、毎日50㎏の野菜と果物を売る。将来、ヴー氏夫婦は、消費者の要求に応えるために、規模を拡大させ、生鮮野菜の農場を継続させるために、各パートナーと協力する予定である。

有機野菜を供給するほかに、
カインカム野菜農場は、家庭栽培システム、自動散水システムを組み立てるサービスを提供する。毎日、カインカム農場は観光客ために、有機野菜の栽培方法のクラスを開いている。


カインカム農場には、100種類の野菜や果物を植える。


有機野菜は安全を保障する。

カインカム農場は、肥料や殺虫剤を使用しない。

カインカム農場の野菜に対して満足を感じているお客。

カインカム農場のモデルは、消費者が家庭栽培向けのシステムに利用される。ダン・レー・ミー女史は「有機野菜を家庭で植える経費は安く、約2㎡あれば、都市部の家族でも有機野菜を作れます。」と言った。
 
文:グエン・オアン
写真:ダン・キム・フオン