16/11/2015 10:59 GMT+7 Email Print Like 0

ヴェット・ドゥック株式会社のコンクリート

建設市場への参入後13年、独・越株式会社は自社ブランドを確立し、北部のコンクリート産業のトップ3に入った。独・越株式会社のコンクリートは多くのゼネコンに選ばれ、全国の工事で使われている。
独・越株式会社は2003年から、生コンクリートを生産し、市場に参入た。現在会社は、ベトナムのフンエン省のヴァンラムに大きな工場があある。2014年、独・越株式会社は30万立方メートルのコンクリートを生産し、ベトナムの300社の大企業のリストと北部のトップ3のリストに入っている。

ベトナムの大きな工事で使用される生コンクリートを作るため、独・越株式会社は多くの現代的な設備を備える大きな実験室の設置に投資した。その実験室は建設省に高く評価され、標準に達していると認められた。

会社のヴー・ラン・フオン取締役は国際管理を使用することの他、多くの労働者が日本とアメリカへ派遣した。

現在、熟練したの500人の労働者がいる独・越株式会社は維持発展に向け、コンクリート生産を始め、建設の分野で国際レベルのベトナムのブランドのなることに努力している。

ベトナムのタインチにおけるコンクリートの原料を加工する場所


コンクリートを作る原料


設備に原料を運ぶショベルカー


ヴィエット・ドゥック株式会社の生コンを作る場所


日本と韓国の現代的な技術を使用するシステム


検査している工員


生コンを生産している


工事現場へ生コンを運ぶ


バッチングシステムの進度を検査するドーティエン独・越(Viet Duc)コンクリート生産会社の経営管理幹部 


生コンを運ぶトラック


独・越コンクリート社は、専門的な多くの技術者を所有する。

生産能力を高めるために、ドイツ製のABEと韓国製ATECHのバッチングシステムを投資した。

このバッチングシステムは大きな規模、現代的なシステムである。フンエンにあるコンクリート生産会社のバッチングシステムは5.500m2の面積である。このシステムはフンイエン省における各重点的な工事のために、コンクリートを供給し、地域の200人の労働者たちのために、雇用を創出する。

独・越株式会社のコンクリートのプラントは現代で、環境を保護する。フンエンコンクリートは面積が5500平方メートルである。

独・越株式会社も韓国から100台の生コン車を輸入し、多くの他の現代的なポンプ車などを使用している。

 

安全基準に達する設備を備えた実験室


独・越株式会社の実験室で原料を検査している


コンクリートの圧力検査。


各プレキャストサンプルの圧力試験を行う区域
文:ビック・ ヴァン
撮影:チン・ヴァン・ボ

他の記事