22/03/2016 11:01 GMT+7 Email Print Like 0

イチゴ狩りの体験

この数年間、ラムドン省ダラット市の人々はイチゴを栽培している。農民たちも現代的な設備を使い、新鮮で、安全なイチゴを栽培している。イチゴ園は、特別な観光地になっている。
 
ダラットの気候は、年間を通して涼しく、温和であり、イチゴの栽培に適している。現在、ダラット市では、350haの土地に、アメリカ、フランス、日本のイチゴが栽培されている。


現在、ダラット市では、350haの土地に、アメリカ、フランス、日本のイチゴが栽培されている。


高品質標準で栽培されているイチゴ


ダラット市におけるイチゴ園


ダラット市のほとんどの農民はイチゴを栽培している。


4、5ヶ月から5ヶ月で、イチゴが栽培できる。


ダラット市を訪問すると観光客は「農業観光」を体験する。


観光客がイチゴを選んでいる良質のイチゴ


良質のイチゴ


 

ダラット市7町におけるカインゴックイチゴ園のチャン・アイン・ソン園長によるとイチゴは4ヶ月から5ヶ月後に収穫できる。イチゴを栽培するために、肥料をやる方などが慎重に実施された。

ソン園長はアメリカ、フランスや日本種のイチゴを栽培している。イチゴは、一年中収穫される。

この間、ダラットを訪問する観光客はイチゴ狩を体験することに興味がある。そのため、ダラット市の特徴を宣伝する「農業観光」を設立した。

イチゴを栽培することにより農民たちの生活は改善される共に、観光開発と農業モデルは、近い将来ダラットをはじめ、ラムドン省の方針である。



ダラット市で栽培されるイチゴは甘酸っぱく、いい香りで、カロリーが高いので、ホーチミン市、ハノイ、カン・ト省などの人々に人気されている。

文:ソン・ギア
撮影:ダン・キム・フオン