29/09/2017 14:40 GMT+7 Email Print Like 0

アメリカの10の発明品がある1980年代のベトナム人の教授

34才以上であり、アメリカのColorado Boulder大学で働くが、ベトナム人のヴ―・ゴック・タム教授はアメリカの10の発明品があり、医療の分野で世界技術会議において多くの賞を獲得した。
2006年、ハノイ工科大学を卒業してから7年間後、アメリカへ留学し、Rutgers大学コンピューター科学学部の博士学位取得証明書を受けた。2013年、タムさんは教授になり、Colorado Denver大学で携帯のシステムの実験室を設立した。ここで、人々、特に子供たちの健康を世話するスマートシステムを設立するため、医療、研究の分野で発明品を集中する。

タム教授の最初のプロジェクトはアメリカの政府が車の運転中、電話を聞くための事故を減少するための発明品を呼びかかける時の「車の中で電話の位置を見つけること」である。タム教授とその協力者は電話が車の中と車のスピーカーに波を発し、その後、その波を反射する。そのため、運転手は車の中で電話の位置を見つけることができる。このプロジェクトでタム教授はMobiCom のセミナーで賞を獲得した。


ベトナムで2007年7月、アメリカで働くため、学生たちを某集する時のタム教授


ベトナム人の学生たちに自分の研究と協力、留学の機会について分かち合うタム教授。


ベトナム人の学生たちに「ベトナム人の教授の夢」について分かち合うタム教授


ベトナム人の学生たちに奨学金などを紹介するタム教授


ベトナム人の学生たちと交流するタム教授
 


2014年、タム教授はグーグルの「Google Faculty Research Award」という賞を獲得した。他は、アメリカ国家大学が援助する3件のプロジェクト、コロラド 州援助基金が援助する2件のプロジェクトとコロラド大学が援助する2件のプロジェクトのリーダーである。

特に、タム教授は自分が研究した医療の分野の中の携帯の技術が社会に役に立つことについて満足する。アメリカで人の健康の分野について第4位である病院があるコロラド大学 デンバー校で働くことで、タム教授は主にベトナム人の学生たちである協力者と一緒に低資金で人の健康を世話する方法スマートな設備のシステムを作り出した。

タム教授の協力者は普通ハノイ工科大学、ハノイ国家大学、ベトナムの通信技術大学の学生たちである。毎年、タム教授は帰国し、ベトナムの大学を訪問し、学生たちに自分の経験を分かち合い、優秀な学生たちを奨学金を授与する。

タム教授はほとんどのプロジェクトはだれかに実施されていないため、好奇心を有し、決心の意志がある学生たちを選択します。タム教授の自分自身はテーマなどと解決方法を思う。ベトナム人の7人の学生たちをアメリカへ送った。タム教授はその優秀な学生たちと協力できることは幸いであると述べた、。


2016年SENSYSの賞を獲得したタム教授


アメリカのコロラド大学 デンバー校で働くタム教授


アメリカのコロラド大学 デンバー校の実験室にあるタム教授

タム教授とその協力者である優秀なラン・アイン研究生


アメリカで研究生に指導するタム教授


タム教授(左から3番目)とその研究生たち
 
今まで、タム教授とラン・アイン研究生が研究した人の睡眠の質を評価するため脳の波、目の波と体の波を測るについてのアイディアは高く評価され、2016年11月Stanford大学の感応技術についてのセミナーで賞も獲得した。

ベトナムへ自分の研究を紹介することについて、タム教授は今、ハノイとホーチミン市でスタートアップの会社を設立するため、ソフトウェアを研究するスタッフを集中していると述べた。

文:ガン・ハー
撮影:コン・ダット

他の記事