01/12/2017 12:04 GMT+7 Email Print Like 0

アジア欧州財団の総会 ベトナムで開催

今回の総会は国際社会におけるベトナムの威信向上に貢献すると期待されています。

11月30日、ベトナム中部ダナン市で、(ASEF)アジア欧州財団の第37回総会が開幕しました。今回の総会には同財団の加盟53の国と組織の代表が参加しました。

アジア欧州財団は、1996年3月に行われた第1回ASEMアジア欧州会議の提言を受け、アジア・ヨーロッパ間の知的交流、文化交流、人物交流の3つの分野で相互交流を拡大することを目的に1997年に設立されたもので、本部はシンガポールに置かれています。この20年、アジア欧州財団は文化、経済、教育、医療などの分野においてアジアとヨーロッパの相互交流に取り組んでいます。同財団は、ベトナムを大いに支援していると評されています。ベトナムのアジア欧州財団担当者グエン・グェット・ガ氏は次のように語りました。

「アジア欧州財団はASEMの重要な協力体制です。予算はASEM加盟国に供出されていますが、ベトナムは毎年、数万ドルを供出していますが、この20年、同財団から総額約160万ドルの支援を受けています。一方、この20年間、ベトナムはこの財団の活動として50の活動を行いました。」

今回の総会は国際社会におけるベトナムの威信向上に貢献すると期待されています。
ソース:VOV