31/10/2014 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

平和なチュオンサ島

1988年、レ・フック記者とグエン・ヴィン・クアン記者は初めてチュオンサ島を訪問したベトナムフォトジャーナルの最初の記者である。その時から今まで、多くの記者が、島を訪問した
、そのたび、新たな印象を受けた。2013年、若者のタオ・ヴィ記者は初めてチュオンサ島に出張し、島がベトナムの村のように親切で、平和であると思った。

1988年、チュオンサ諸島の中にあるシントン島。
撮影:ヴィン・クアン
1988年、チュオンサ諸島の中にあるシントン島における一里塚。
撮影:ヴィン・クアン
1988チュオンサ諸島の中にあるコリン島。
撮影:ヴィン・クアン
1988年チュオンサ諸島でのレ・フック記者とヴィン・クアン記者。
撮影:資料

私たちはチュオンサロン島に長く(4泊5日)泊まった少ない中の人であろう。その中で、私たちは、幸いにも自分の目で、島に住んでいる人々の日常生活を見た。広大な大洋の中、そこに、ベトナムの村のような孤島の村がある。

1. 初日:夕方、私たちを乗せた船はチュオンサロン島に到着した。太陽は、海面に降りるように見えた。その日、大陸と交流するプログラムが生放送される。
 

チュオンサロン島における交流会。
撮影:ヴィエット・クオン

今のシントン島における人々。
撮影:チャン・ミン・ゴック
今、チュオンサロン島に住んでいる人々は太陽エネルギーを使っている。
撮影:ヴィエット・クオン
ソントゥ島における風力電気発電システム。
撮影:チャン・ミン・ゴック


1988年ヴィン・クアン記者が、2013年ヴィエット・クオン記者が撮ったチョン・サ・ロン島の気象艦

チュオンサロン島のディン・チョン・タム少佐は太陽エネルギーと風力発電のシステムのおかげで、ほとんど一日中、電気が供給される。特に初年からの6ヶ月間は、1日24時間電気が供給される。
電気は、島に住んでいる人々の生活を改善した。ここでは、どの家庭でもテレビ、冷蔵庫、コンピューターなどを持っている。島における生活は本土と同じ生活のように、充実している。

2.2日目:午前5時。本土にいる人々は寝ているが、島にいる人々は起き、体操した。日の出の光は、島の集会場の屋根にあるベトナムで、陶器で作られた最大のベトナムの国旗(大きさ310㎡)を照らした。その国旗から広大な海、風力発電設備、太陽光システム、チュオンサロン寺などが見える。
 

チュオンサロン島における英雄烈士記念碑
撮影:チャン・ミン・ゴック

チュオンサロン島におけるホーチミン首席記念館。
撮影:チャン・ミン・ゴック

チュオンサロン島における電気の保守をしている。 
撮影:チャン・タイン・ザン
シントン島における人々。
撮影:チャン・ミン・ゴック

«
          - チュオンサ諸島には、100の大小の島、岩礁の海岸、珊瑚があり、広さが16万平方キロメートルから18万平方キロメートルの海域で囲まれる。
          - 1933年12月21日、南部のJean-Félix Krautheimer総裁はチュオンサ島は、ベトナムのバリア省にあると決める4762/CP議定に調印した。サイゴンの政権で、チュオンサ島はフォック・トゥイ省にある。
          - 1975年の国家統一の後、1982年12月28日、第7期国会議決で、チュオンサ県は、フーカイン省にあった。1989年7月1日、フーカイン省はフーイエン省とカインホア省に分けた。その後、チュオンサ島はカインホア省にある。
(ソース:ベトナムのカインホア省のウェブサイト )
                                              »
チュオンサロン島に住んでいる人々の家の訪問への道で、チュオンサロン寺を訪問する行列に会った。チュオンサロン寺は壮大で、「海の中に立つ神霊の柱」のように呼ばれる。ベトナム人はどこでも信仰を尊重することがわかるようになった。

3. 午前5時、チン・シ学生は、私を起こし、私を連れ、島の学級を訪問した。チン・シさんのチュオンサ小学校は2階建てで、小さいが、いつも子供たちの声で賑やかである。

同学校の唯一の先生兼校長であるブイ・ティ・ニュン先生は、学生たちにホーチミン主席、島、特にチュオンサ島について教えている。
 

チュオンサ小学校における授業。
撮影:ヴィエット・クオン


毎年、チュオンサ島の人々は本土からの医者に診断される。
撮影:ヴィエット・クオン
チュオンサ島における情報の波を集中する柱。
撮影:チャン・タイン・ザン
今、チュオンサ島における人々は、インターネットが使用できる。
撮影:チャン・タイン・ザン

4. 4日目、私はここの季節にまだなれていなかったため、風をひいた。私はここの診断室に行った。診断室のレー・ミン・フォン部長は私をよく診断した。診断室では、設備が十分に備わっている。ホーチミン市軍医175病院はここでTelecom Medicinを供給したため、本土からの医者の指導のおかげで、チュオンサ島の医者は難しい手術も実施できる。 

祖国の海、島の主権のため犠牲になった英雄、烈士を思慕する式。
撮影:チャン・ミン・ゴック



チュオンサ島で任務をする兵士。

撮影:ホアン・ハ

みんなと別れを惜しむチュオンサロン島の人々。
撮影:ホアン・ハ

スケジュールの中、今日、私たちはチュオンサロン島をはなれるため、チュオンサロン寺のティック・ザック・ギ僧は菜食を私たちを招待した。誰でも話したり、笑ったりしたが、別れる時、涙が流れた。 
「チュオンサ島はベトナムの共産党、国家と国内外の人々に関心がもたれ、援助されています。チュオンサ諸島のソントゥタイ島、シントン島、チュオンサロン島などは現代的な設備が備えられました。ここの人々の生活は改善され、チュオンサ諸島は維持され発展すると期待しています。

(チュオンサ島町人民委員会ファム・ヴァン・ヒエン会長、大佐)

文:タオ・ヴィー
撮影:ベトナムフォトジャーナル