25/12/2021 16:20 GMT+7 Email Print Like 0

WHO、新型コロナ対応に合わせる安全な共存でベトナムと協力

(VOVWORLD) -  先頃、WHO=世界保健機関ベトナム事務所のキドン・パーク所長は新型コロナが世界的に猛威を振るうパンデミックではなく、風土病と見なされている現在、新型コロナ制圧から安全な共存へと移行する段階で、ベトナム政府と緊密に連携していくと強調しました。

現段階の最優先課題は社会的な弱者の保護を強化し、医療システムが過負荷状態に陥らないよう確保することであるとしています。

パーク氏によりますと、安全かつ柔軟な対応への移行に際し、ベトナムはワクチン接種の加速や末端組織での予防対策の強化を通じて医療システムの能力向上を推進していく必要があります。

また、パーク氏は新型コロナ感染拡大の制圧を目指すベトナムの努力を高く評価するとともに、各地方が「5K」原則の厳守や全国規模のワクチン接種キャンペーンの実施を通じて新型コロナへの対応に尽力していることに印象を示しました。

そして、今後、WHOはベトナム保健省に新型コロナの診断と治療、予防、制圧に関する最新の技術的ガイダンスを提供し、医療関係者の安全確保や重症化した患者の集中治療を手ほどきすると明らかにしました。