26/11/2017 11:20 GMT+7 Email Print Like 0

UNESCOのホーチミン主席顕彰決議発表30周年を記念

24日午前、国家主席府内にあるホーチミン遺跡地区で、外務省は文化スポーツ観光省、UNESCO=国連教育科学文化機関ベトナム事務所などと協力し、1987年の第24回UNESCO総会で、ホーチミン主席を顕彰する決議24C/18.65が発表されてから30周年を記念する式典を行いました。

この決議は加盟諸国にベトナムの民族解放英雄であり、傑出した文化人であるホーチミン主席生誕100周年を記念し、世界の人々に民族解放事業に対するホーチミン主席の貢献と偉大な思想への理解を深めるよう呼びかけました。

記念式典で、挨拶に立ったファム・ビン・ミン副首相兼外相は「UNESCOの決議は重要な意味があり、ベトナム民族、とりわけ、ホーチミン主席の偉業を認めるものである」と強調しました。

この機に、「ホーチミン主席と世界の人々」と題する座談会や、「ホーチミン主席、ベトナムの民族解放英雄・傑出した文化人」と題する資料展示会などが行われています。
ソース:VOV