• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

ニュース

各地方、新型コロナワクチンの予防接種が始まる

9日午前、ハノイ市内のタインニャン病院で、新型コロナの感染危機が高い医療従事者を対象に、新型コロナウイルスワクチンの接種が行われました。
各地方、新型コロナワクチンの予防接種が始まる - ảnh 1タインニャン病院で行われている新型コロナウイルスワクチンの予防接種(写真:Vietnam+)
タインニャン病院が新型コロナウイルスワクチンの接種を行うのはハノイ医療局の最初の病院となります。今回使用されるワクチンはイギリスの製薬大手アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスワクチンです。
保健省はハノイの第1陣に、8000回分のワクチンを配分しています。これらのワクチンは、6つの医療施設に優先的に届けられます。その中で、ハノイ市疾病管理センターのスタッフ300人が接種を受け、次いで、タインニャン病院、ドゥクザン病院、ハドン病院など新型コロナ感染者を治療する各病院の医療従事者が受けます。ハノイ市人民委員会のツー・スアン・ズン副委員長は次のように語りました。

「私たちはハノイ市の医療部門に対し、新型コロナワクチンの接種を行う際に、公開性と明確性を確保しなければなりません。特に、安全性と効果性にも配慮する必要があります。ハノイ市の医療部門は新型コロナワクチン接種の展開に全力を尽くしています」
同日、中部高原地帯テイグェン地方にあるザーライ省は保健省からワクチン1900回分が配分されていますが、最初の61回分の接種を行いました。ザーライ省の野戦病院で勤務している医療従事者は今回の予防接種を受けた最初の人々です。
ソース:VOV

チョン書記長 主要指導者との作業会議を主宰

チョン書記長 主要指導者との作業会議を主宰

18日午前、ハノイでベトナム共産党第13期中央委員会第9回総会の閉会セッションに続いて、グエン・フー・チョン書記長が主要指導者と作業会議を主宰し、最近の国情を評価するとともに、今後の業務展開に関する指導について意見交換を行いました。

Top